学校教育学科
こども学科
総合福祉学部
介護福祉科
EPSON007
2017年12月16日(土・13:00〜)開催・オープンキャンパス
主なプログラムは学部/学科説明・キャンパスツアー・個別相談などです。また当日のワークショップ等は、決定次第掲載します。(事前申込不要・入退場自由・筆記用具不要・服装自由)
【朝日新聞 全国版 12/12】「ひらく日本の大学 細やか教育する大学は」で総合福祉学部が「きめ細やかさ得点」で満点として紹介されました
朝日新聞・河合塾共同調査による、社会科学系学部の「きめ細かさ得点」で満点だった大学・学部として本学総合福祉学部が紹介されています。
2018年度 埼玉県委託公共職業訓練
(介護福祉士養成)の募集について
介護に関わる資格取得のための委託訓練生を募集しています。募集期間は2017年12月14日(木)〜2018年1月18日(木)までです。施設見学は随時可能ですが、事前に入試・広報課(TEL:048-878-5536)に予約をしてください。
第18回全国車椅子マラソン日産カップ追浜チャンピオンシップ2017にて総合福祉学部在学生が1位
2017年12月2日(土)に横浜で、「第18回全国車椅子マラソン日産カップ追浜チャンピオンシップ2017」が開催され、マラソンの参加者が日頃の練習成果を競い合った結果、総合福祉学部1年の馬場さんが一般女子クラスにて1位になりました。
さいたま国際マラソン「駒場ファンラン」(車いすの部)にて総合福祉学部在学生が上位を独占
2017年11月11日(土)に「第3回さいたま国際マラソン」の一環として「駒場ファンラン(車いすの部)」が開催されました。たくさんの車いすランナーが出場し、日ごろの練習の成果を競いましたが、その中で、総合福祉学部1年の井端君が1位、馬場さんが2位と、上位を独占しました。
こども学部講義紹介:「保育実習指導II」担当:五十嵐裕子・丸谷充子・宮﨑静香
こども学部の授業紹介、今回は五十嵐裕子先生、丸谷充子先生、宮﨑静香先生の「保育実習指導II」です。この授業では、2回目の保育実習に向けて準備を行っていきます。
子育て・家族支援 ファシリテーター養成講座XII~カナダの家族支援に学ぶ~
ファシリテーターとは、一般に「促進者・伴走者」を意味しています。日常の家族関係やグループ活動におけるコミュニケーションにも応用でき、相互理解や合意形成に役立ちます。この講座では、その初歩を学び、子育てや家族を支援することに関心を持っていただける市民の方を増やしていきたいと考えています。
こども学部講義紹介:「保育教材演習」担当:細井圭子・五味美奈子
「保育教材演習」では保育活動に欠かすことのできない保育教材の意義・ねらいについて知る。基本的な保育教材の制作・実演を経験し、保育者としての技能を身につけることを目的とし、授業を行っています。
【埼玉新聞(12面)2017/11/16】「地域福祉を育てたい 浦和大がコンサート」と題する記事で、学校教育学科開設記念プロジェクト第3回「金管五重奏団「N-crafts」コンサート」が紹介され、大久保秀子学長のコメントが掲載。
大久保秀子学長は「本学は心に響く本物の表現を学ぶことに重きを置いている。人と人とを結びつける、心の波動を経験できる力を身につけて欲しい」とコメントしています。
こども学部講義紹介:「日本文化」担当:高野実貴雄
2017年11月14日(火)2限に開講された「日本文化」(担当 こども学部 高野実貴雄 教授)の授業に11代目金原亭馬生師匠がゲストとして来学し、授業を聴講する学生の前で落語を披露していただきました。
2017年度第7回読書感想文コンクール
選考結果について
図書・紀要委員会の厳正な審査の結果、2017年度第7回読書感想文コンクール受賞者が下記の通り決定し、2017年10月8日(日)のしらさぎ祭で、図書・情報センター長の岩本裕子教授から表彰状と副賞が手渡されました。

一覧

【朝日新聞 全国版 12/12】「ひらく日本の大学 細やか教育する大学は」で総合福祉学部が「きめ細やかさ得点」で満点として紹介されました
朝日新聞・河合塾共同調査による、社会科学系学部の「きめ細かさ得点」で満点だった大学・学部として本学総合福祉学部が紹介されています。
第18回全国車椅子マラソン日産カップ追浜チャンピオンシップ2017にて総合福祉学部在学生が1位
2017年12月2日(土)に横浜で、「第18回全国車椅子マラソン日産カップ追浜チャンピオンシップ2017」が開催され、マラソンの参加者が日頃の練習成果を競い合った結果、総合福祉学部1年の馬場さんが一般女子クラスにて1位になりました。
さいたま国際マラソン「駒場ファンラン」(車いすの部)にて総合福祉学部在学生が上位を独占
2017年11月11日(土)に「第3回さいたま国際マラソン」の一環として「駒場ファンラン(車いすの部)」が開催されました。たくさんの車いすランナーが出場し、日ごろの練習の成果を競いましたが、その中で、総合福祉学部1年の井端君が1位、馬場さんが2位と、上位を独占しました。
2017年度 第7回読書感想文コンクール講評
2017年度第7回読書感想文コンクール大学・短大部門には総数41作品が寄せられ、最優秀・優秀賞に加えて、佳作2点の4作品が表彰されました。また、併設校(浦和実業学園中学校、高等学校)の中・高校生部門には応募総数33作品があり、図書・紀要委員会で厳正に審査した結果、3作品が入賞作品と決まりました。
2017年度第7回読書感想文コンクール
選考結果について
図書・紀要委員会の厳正な審査の結果、2017年度第7回読書感想文コンクール受賞者が下記の通り決定し、2017年10月8日(日)のしらさぎ祭で、図書・情報センター長の岩本裕子教授から表彰状と副賞が手渡されました。

総合福祉学部のお知らせ一覧

こども学部講義紹介:「保育実習指導II」担当:五十嵐裕子・丸谷充子・宮﨑静香
こども学部の授業紹介、今回は五十嵐裕子先生、丸谷充子先生、宮﨑静香先生の「保育実習指導II」です。この授業では、2回目の保育実習に向けて準備を行っていきます。
子育て・家族支援 ファシリテーター養成講座XII~カナダの家族支援に学ぶ~
ファシリテーターとは、一般に「促進者・伴走者」を意味しています。日常の家族関係やグループ活動におけるコミュニケーションにも応用でき、相互理解や合意形成に役立ちます。この講座では、その初歩を学び、子育てや家族を支援することに関心を持っていただける市民の方を増やしていきたいと考えています。
こども学部講義紹介:「保育教材演習」担当:細井圭子・五味美奈子
「保育教材演習」では保育活動に欠かすことのできない保育教材の意義・ねらいについて知る。基本的な保育教材の制作・実演を経験し、保育者としての技能を身につけることを目的とし、授業を行っています。
【埼玉新聞(12面)2017/11/16】「地域福祉を育てたい 浦和大がコンサート」と題する記事で、学校教育学科開設記念プロジェクト第3回「金管五重奏団「N-crafts」コンサート」が紹介され、大久保秀子学長のコメントが掲載。
大久保秀子学長は「本学は心に響く本物の表現を学ぶことに重きを置いている。人と人とを結びつける、心の波動を経験できる力を身につけて欲しい」とコメントしています。
こども学部講義紹介:「日本文化」担当:高野実貴雄
2017年11月14日(火)2限に開講された「日本文化」(担当 こども学部 高野実貴雄 教授)の授業に11代目金原亭馬生師匠がゲストとして来学し、授業を聴講する学生の前で落語を披露していただきました。

こども学部のお知らせ一覧

2018年度 埼玉県委託公共職業訓練
(介護福祉士養成)の募集について
介護に関わる資格取得のための委託訓練生を募集しています。募集期間は2017年12月14日(木)〜2018年1月18日(木)までです。施設見学は随時可能ですが、事前に入試・広報課(TEL:048-878-5536)に予約をしてください。
2017年度 第7回読書感想文コンクール講評
2017年度第7回読書感想文コンクール大学・短大部門には総数41作品が寄せられ、最優秀・優秀賞に加えて、佳作2点の4作品が表彰されました。また、併設校(浦和実業学園中学校、高等学校)の中・高校生部門には応募総数33作品があり、図書・紀要委員会で厳正に審査した結果、3作品が入賞作品と決まりました。
2017年度第7回読書感想文コンクール
選考結果について
図書・紀要委員会の厳正な審査の結果、2017年度第7回読書感想文コンクール受賞者が下記の通り決定し、2017年10月8日(日)のしらさぎ祭で、図書・情報センター長の岩本裕子教授から表彰状と副賞が手渡されました。
2017年10月10日(火)WEEKDAY CAMPUS VISITを開催しました。
WCVは、大学の普段の授業に高校生が参加し、その大学、学科・専攻を深く知り、「大学の見方」を学びます。授業参加の前後にガイダンスと振り返りを行うことで、より深い気づきを得られるプログラムになっています。
【入賞作品発表】 第1回「おもちゃコンテスト」817作品のご応募ありがとうございました。
初年度の応募作品は、2017年7月1日から9月8日にかけて、沖縄県から北海道まで全国の81高校から、合わせて817作品が寄せられました。

介護福祉科のお知らせ一覧

子育て・家族支援 ファシリテーター養成講座XII~カナダの家族支援に学ぶ~
ファシリテーターとは、一般に「促進者・伴走者」を意味しています。日常の家族関係やグループ活動におけるコミュニケーションにも応用でき、相互理解や合意形成に役立ちます。この講座では、その初歩を学び、子育てや家族を支援することに関心を持っていただける市民の方を増やしていきたいと考えています。
第7回九里総合福祉文化研究会「尊厳のあるケアの可能性〜高齢者福祉施設のケアの挑戦から学ぶ〜」
今回の公開講座では、要介護度や認知症のレベルが異なる人々が利用されている特別養護老人ホーム、老人保健施設、グループホームの3つの形態の施設から、尊厳のあるケアの実践を紹介していただきます。
NHK交響楽団メンバーによる金管五重奏団 「N-Crafts」コンサート開催のお知らせ
浦和大学こども学部学校教育学科開設記念プロジェクトの第3回目は、NHK交響楽団メンバーによる金管五重奏団「N-crafts」コンサートです。地域の児童・生徒の方々から一般の方々まで広くご参加いただき、5名の日本有数の音楽家による素晴らしい演奏と貴重なお話を通した、楽しい文化·芸術体験と交流の場としたいと考えております。
【お申込み終了】2017年度 浦和大学こども学部 公開講座「1日大学生」
この度、浦和大学こども学部では、地域の小学1・2年生を対象にした下記の講座を開催することといたしました。生き物や数・図形、音楽に触れてそのおもしろさを体験してみましょう。夏休みの自由研究の題材としてもご参考にしていただければと思います。
【7月23日(日)開催】浦和大学こども学部学校教育学科 開設記念プロジェクト 第2回・紙芝居ワークショップ「紙芝居 はじめの一歩」
子どもに紙芝居を見せたいときに迷ったことはありませんか?「どうやって演じれば良いの?」「どんな紙芝居を選べばよいの?」という疑問に答えながら、乳幼児から小学生までを対象にした年齢別の紙芝居実演を体感し、その基本を楽しく学ぶワークショップです。

公開講座のお知らせ一覧

子育て・家族支援 ファシリテーター養成講座XII~カナダの家族支援に学ぶ~
ファシリテーターとは、一般に「促進者・伴走者」を意味しています。日常の家族関係やグループ活動におけるコミュニケーションにも応用でき、相互理解や合意形成に役立ちます。この講座では、その初歩を学び、子育てや家族を支援することに関心を持っていただける市民の方を増やしていきたいと考えています。
第7回九里総合福祉文化研究会「尊厳のあるケアの可能性〜高齢者福祉施設のケアの挑戦から学ぶ〜」
今回の公開講座では、要介護度や認知症のレベルが異なる人々が利用されている特別養護老人ホーム、老人保健施設、グループホームの3つの形態の施設から、尊厳のあるケアの実践を紹介していただきます。
NHK交響楽団メンバーによる金管五重奏団 「N-Crafts」コンサート開催のお知らせ
浦和大学こども学部学校教育学科開設記念プロジェクトの第3回目は、NHK交響楽団メンバーによる金管五重奏団「N-crafts」コンサートです。地域の児童・生徒の方々から一般の方々まで広くご参加いただき、5名の日本有数の音楽家による素晴らしい演奏と貴重なお話を通した、楽しい文化·芸術体験と交流の場としたいと考えております。
学生食堂今週のメニュー(2017年10月16日〜10月27日)
学生食堂今週のメニュー
浦和大学図書・紀要委員会主催 2017年度 第2回 この本いいよ!コンテスト募集要項
他の学生に薦めたい本を募り、学生が広い分野の本に触れる機会を提供する。学生は本の魅力を表現する力を磨き、プレゼンテーション能力の向上をはかる。

その他のお知らせ一覧