総合福祉学部 総合福祉学科 人の幸せ・健康を支援する、
福祉のプロフェッショナルへ。

Point 総合福祉学科の3つの特色

地域多様化する福祉ニーズに応える3コース制
入学後の自分の興味や将来の進路に合わせた3コース(「福祉・心理コース」、「健康スポーツコース」、「ビジネスコース」)が設置され、自由にコースを選んで学べます。
専門教育とキャリア教育を両立させる4年間のゼミ教育
4年間、少人数ゼミで教員との対話を通した学びを実践しています。1年次から段階的に将来の進路を見据え、福祉の専門家としての力と社会人としての力を養います。
社会福祉士国家資格取得をサポートする受験対策講座
社会福祉士の国家試験合格を目指した受験対策講座をはじめとして、健康運動実践指導者などの資格取得を目指す学生に向けて、充実したサポート体制を整えています。

Message 学科長メッセージ

さまざまな支援のできる福祉の担い手に
福祉は高齢者の介護だけではありません。病気や貧困や障がいといったさまざまな課題をもった人々を支援し、共に幸せになる社会を作るのが福祉です。
総合福祉学部では、そうした人々の身体的・心理的状態から家族・人間関係や経済・社会的状況まで幅広く理解して、さまざまな形の支援方法があることを学びます。そして行政や医療など他の分野と福祉との連携を視野に入れながら実務能力の高い人材を育成することを目指しています。
本学部で学んで、いろいろな面から支援のできる福祉のエキスパートになり、共に幸せになる社会を担える人間に成長してくれることを期待しています。
総合福祉学科 学科長中村 泰治

Graduates Message 就職内定者メッセージ

社会福祉法人戸田市
社会福祉事業団 内定

学生・就職課は企業研究や相談に最適。
多くの人からの助力が内定につながりました
学生・就職課は、企業ごとにファイリングされた資料が揃っており、企業研究には最適です。少しでも気になった企業があればすぐに相談するように心がけていました。相談や企業説明会への参加など、自分が入りたいと思える企業を見つけることができたのが内定をいただけた要因だと思います。就職後は、学校生活で身につけた、相手を楽しませる姿勢を大切に、地域で暮らす人たちに寄り添い、頼ってもらえる職員を目指します。
総合福祉学科 健康スポーツコース島田 祐伍さん(埼玉県 叡明高等学校出身)

株式会社ベネッセスタイルケア 内定

オープンキャンパスのスタッフを経験。
培った「伝える力」で頑張ります
大学生活を振り返るとオープンキャンパスのスタッフとして取り組んだ日々を思い出します。その場の状況に合わせて臨機応変に対応し、来校いただいた方に楽しみながら浦和大学の魅力を知って貰おうと努めていました。自分の知っている魅力を相手に伝える方法を模索することは大変勉強になり、「伝える力」が養われたと実感しています。この力は就職活動中の面接でも役立ちました。相手の質問に自分の言葉でわかりやすく応えることは、社会に出てからも必要だと感じています。
総合福祉学科 福祉・心理コース林 あやのさん(東京都立淵江高等学校出身)

株式会社学研ココファン 内定

実習を経験したからこそ、気づいた視点。
たくさんの人を元気にしたい
総合福祉学科の健康スポーツコースでは、健康体操教室やキャンプ実習などでスタッフとして携わります。実際に参加者をサポートする立場になることで、気遣いのポイントが個人の特性によって多種多様であると気がつきました。参加者と良い関係を築き、楽しみながら福祉のこころを体験できたのは就職後にもつながる学びだと感じています。就職後は利用者様との信頼関係を第一に考えながら、大学で学んだ知識と技術を活かし、元気なお年寄りをもっともっと増やしていきたいです。
総合福祉学科 健康スポーツコース小林 璃歩さん(埼玉県立誠和福祉高等学校出身)