社会学部現代社会学科 未来への対応力を養う

Point 現代社会学科の3つの特色

多様性を受容し「社会」に向き合う
多様化・複雑化する社会を理解・解決するために「社会学概論」「コミュニヶーションと社会」「社会調査実習」など社会学部共通の基礎科目を配置し、現代社会の課題を学びます。また、それと並行してこれまでの社会学部 での研究・教育の成果を活かし福祉に関する理解も深めます。
現代社会で活きる・ 活かせる専門フィールド3本柱
学科教育課程を「基盤科目」(学部共通)「基礎科目」「展開科目」(フィールド別)とし、展開科目では「メデイア」「観光・文化」「社会・経営」を3本柱とするフィールドを設け、それぞれに専門教貝を配置し多様な角度から現代社会・産業・企業についての理論知識をより深く学びます。
実学教育に裏打ちされた、着実なキャリア支援
建学の精神「実学に勤め徳を養う」に基づき、社会の要請に応えて活躍できる人材を育成します。全学共通の「キャリア形成科目」を配置し、様々な業界での「キャリアインターンシップ」を通じて、ビジネスマナー、サービス接遇、ビジネス文書作成など、実践的な就職指導をします。また、企業との提携講座も開講し、理論と実践を通して、着実なキャリア支援を実現します。

Message 教員メッセージ

「社会学」を体得し、社会人としての素養を磨き上げよう。社会の課題の発見・解決能力の向上をサポートします。
現代社会学科では、グローバル化・IT化によってますます多様化 ・複雑化する社会の動向を的確に見定めて分析し、その課題を読み解き、社会で活躍できる人財の育成を目指します。甚盤科目・基礎科目で社会学をベ一スとした幅広い知識 ・甚礎理論を学ぶと同時に、「メデイア」「観光・文化」「社会・経営」の3つのフィールドで実践的な専門的知識・理論・技能を習得できるようにカリキュラムは構成されています。特に徹底した少人数教育・ ゼミ授業ではコミュニケーション力 ・文章力が鍛えられ、社会への柔軟な対応力が着実にバージョンアップします。
社会学部 現代社会学科
設置準備室 副室長
(元実践女子大学人間社会学部長)
飯田 良明