ニュース一覧

1 / 1912345...最後 »

【朝日新聞 全国版 12/12】「ひらく日本の大学 細やか教育する大学は」で総合福祉学部が「きめ細やかさ得点」で満点として紹介されました
朝日新聞・河合塾共同調査による、社会科学系学部の「きめ細かさ得点」で満点だった大学・学部として本学総合福祉学部が紹介されています。
第18回全国車椅子マラソン 日産カップ追浜チャンピオンシップ2017にて総合福祉学部在学生が1位
2017年12月2日(土)に横浜で、「第18回全国車椅子マラソン日産カップ追浜チャンピオンシップ2017」が開催され、マラソンの参加者が日頃の練習成果を競い合った結果、総合福祉学部1年の馬場みなみさんがGRANDRIVEレース 2.5km 一般女子クラスにて1位になりました。
さいたま国際マラソン「駒場ファンラン」(車いすの部)にて総合福祉学部在学生が上位を独占
2017年11月11日(土)に「第3回さいたま国際マラソン」の一環として「駒場ファンラン(車いすの部)」が開催されました。たくさんの車いすランナーが出場し、日ごろの練習の成果を競いましたが、その中で、総合福祉学部1年の井端君が1位、馬場さんが2位と、上位を独占しました。
2017年度 第7回読書感想文コンクール講評
2017年度第7回読書感想文コンクール大学・短大部門には総数41作品が寄せられ、最優秀・優秀賞に加えて、佳作2点の4作品が表彰されました。また、併設校(浦和実業学園中学校、高等学校)の中・高校生部門には応募総数33作品があり、図書・紀要委員会で厳正に審査した結果、3作品が入賞作品と決まりました。
2017年度第7回読書感想文コンクール
選考結果について
図書・紀要委員会の厳正な審査の結果、2017年度第7回読書感想文コンクール受賞者が下記の通り決定し、2017年10月8日(日)のしらさぎ祭で、図書・情報センター長の岩本裕子教授から表彰状と副賞が手渡されました。
【読売新聞(埼玉版・29面)2017/11/10】中島悠介先生が「選手も裏方も熱く 第3回さいたま国際マラソン」でボランティアの声として紹介
2017ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムの広報部員として総合福祉学部の学生が活躍しました
2017年11月4日(土)に開催された「2017ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」に本学総合福祉学部4年生が、広報部員として大会の運営に参加しました。
【報告1/2】さいたま市立さくら草特別支援学校高校生との交流授業を実施しました
浦和大学総合福祉学部では、3年前から「さくら草特別支援学校」生徒さんとの交流授業を行っています。
総合福祉学部卒業生の会ニュースレター[NO.2]
2017年10月8日(日)、前日は雨でしたが、恒例のしらさぎ祭は天候に恵まれました。今回は1日限りでもあったためか、多くの学生・OBの来場がありました。
本学在学生が糖尿病患者を対象とした体力テストについての発表で一般演題優秀賞を受賞
2017年10月22日(日)に一般社団法人千葉県糖尿病対策推進会議が開催した、CDE-Chibaフェスティバル2017で、総合福祉学部4年(福祉健康スポーツコース)の増渕直樹さん(長阪裕子ゼミ)が発表した「糖尿病患者を対象とした体力診断バッテリーテストの取り組み」が一般演題優秀賞に選出されました。
2017年10月10日(火)WEEKDAY CAMPUS VISITを開催しました。
WCVは、大学の普段の授業に高校生が参加し、その大学、学科・専攻を深く知り、「大学の見方」を学びます。授業参加の前後にガイダンスと振り返りを行うことで、より深い気づきを得られるプログラムになっています。
【入賞作品発表】 第1回「おもちゃコンテスト」817作品のご応募ありがとうございました。
初年度の応募作品は、2017年7月1日から9月8日にかけて、沖縄県から北海道まで全国の81高校から、合わせて817作品が寄せられました。
2017年9月16日(土)にオープンキャンパスを開催しました。
浦和大学では、保育園や幼稚園で働きたい、社会福祉士や介護福祉士の資格を取得して社会福祉の機関や介護施設等で働きたい、という具体的な将来の希望に沿って、学習することができます。オープンキャンパスでは、具体的な学びの内容や、それを支援する学内の施設を紹介しています。次回は10月8日(土・10:30〜)です。
2017年12月16日(土・13:00〜)開催・オープンキャンパス
主なプログラムは学部/学科説明・キャンパスツアー・個別相談などです。また当日のワークショップ等は、決定次第掲載します。(事前申込不要・入退場自由・筆記用具不要・服装自由)

1 / 1912345...最後 »