公開日:

浦和大学で心理系資格の取得を取得するなら・・・

総合福祉学部「福祉・心理コース」

総合福祉学部では、大学で心理学を学んだことを示す「認定心理士」資格を取得できます。認定心理士の認定には試験等は無く、社団法人日本心理学会が指定する単位を履修・取得後に、同学会に申請すると「認定心理士」として認定されます。

本学では、認定心理士の認定条件に該当する授業が全部で22科目用意されています。入門的な授業の「心理学」「教育心理学」「臨床心理学」なども認定条件の単位に指定されています。入門科目の中でも「心理学基礎実験」では、心理学における基礎的な実験・実習を通して、心理学の研究方法、手続き、心理学的データ収集の方法、分析方法、レポート作成法を学びます。

また、応用的に専門知識を学べるものとして臨床心理学関係の授業科目を多数用意しました。臨床心理学は「悩みや、心の問題の理解と援助について」の心理学で、心理テストの実習を含む「心理検査法」や「カウンセリング」や「心理療法」がその代表的なものです。

特に「臨床心理学実習」では、心理学的技法を実習をとおして心理アセスメントや各種面接の技法、心理療法の基礎などを学習し、臨床心理学的援助技術を身につけ、対人援助専門職に必要な基礎力を体験的に身につけます。その他、代表的な専門科目として、「青年心理学」「発達心理学」「高齢者心理学」「犯罪飛行心理学」「家族心理学」などが用意されています。

なお、「心理検査法」と「カウンセリング」については、7月22日(日曜日)に開催される、オープンキャンパスの模擬授業でその一部を紹介します。「認定心理士資格」や心理系資格の取得が可能な「福祉・心理コース」に興味がある方は、総合福祉学部のオープンキャンパスにお越し下さい。

資料・願書請求(無料)はこちらから