公開日:

2016年7月9日(土・13:00〜)総合福祉学部オープンキャンパス

福祉や健康スポーツ分野への進路を希望するあなたのために、 学生スタッフと教員、職員が様々なプログラムを用意しています。今回はこんなプログラムがあなたの進路選びのお手伝いをします。

模擬授業:在宅医療における医療ソーシャルワーカーの役割

私が勤務していた病院は地域医療を実践していました。医師による「往診」、看護師による「訪問看護」、理学療法・作業療法士による「訪問リハビリ」と病院から地域に退院した患者さんの継続的なサポートを行っていました。また医療ソーシャルワーカーは、これら訪問に同行して、生活支援を行っていました。この講義では生活支援者としてのMSWの在り方について事例を紹介しながら紹介します。(担当:矢野知彦・総合福祉学部准教授)

模擬授業:目指せ!スポーツ指導者への道!運動を楽しく提供するポイント

スポーツ指導者になるための極意を紹介するシリーズ第2弾です。ただ身体を動かすだけではキツイことがあります。スポーツ・レクリエーションを用いて楽しく効果があるプログラムの展開方法を紹介します。本学部の福祉健康スポーツコースの紹介をすると共に、健康スポーツの指導者の魅力をお伝えします!(担当:中島悠介・総合福祉学部助教)

資料・願書請求(無料)はこちらから