第2号【News & Topics】平均では分からない介護職の賃金〜資格と勤務形態による大きな差〜

短期大学部介護福祉科が発行する「介護の扉」のアーカイブです。

介護サービスを提供している事業所の介護職の賃金は、資格と勤務形態によって大きく異なっています。

グラフ1は、介護事業所の2014年9月時点で調査された1ヶ月間に決まって支給する税金込みの賃金額(交通費、役職手当を含む)です。介護福祉士は、他の介護職員(初任者研修および無資格者)に比べて6万円多くの賃金を得ており、大きな差があります。 介護福祉士養成校の卒業生の多くが介護支援専門員(ケアマネ)になっています。介護福祉士より介護支援専門員は、5万円多くの所定内賃金があり、キャリアアップによる賃金上昇の可能性を示しています。

このような大きな賃金格差は、介護福祉士が、大部分が常勤雇用で月給を支給されているのに対して、他の介護職員(初任者研修および無資格者)が、時給を支給されている非常勤であることに関係しています。時給を支給されている職員は、パートタイム勤務等で、ライフスタイルに合った勤務が可能になっていますが、賃金は低いことが多いのです。

介護福祉士養成校の卒業生は、大部分が常勤として雇用されており、介護職の平均的な賃金とは異なる水準の収入を得ています。

なお、介護職員は、夜勤手当等の手当を受けており、所定外の手当が多くなります。それらが含められて集計されているグラフ2をみると、常勤介護福祉士の給与(税込み)は、30万円を超えており、着実に上昇しています。


資料・願書請求(無料)はこちらから