第1号『浦短通信』の創刊にあたって

短期大学部介護福祉科が発行する「介護の扉」のアーカイブです。

この度、本学では、目まぐるしく変化する“介護”を取り巻く状況を、いち早くお伝えすると共に、本学での学びの様子、成長する学生の姿をお伝えするため『浦短通信』を創刊することとなりました。

近年、介護の現状や、介護福祉教育そのものが大きく変化しているため、誤った情報から、介護に対しての誤解や偏見も少なくありません。そこで『浦短通信』を通し、正しい情報と生の声をお伝えすることで、介護を志す若者にとっての一助となり、こうした誤解や偏見を取り除き、真の介護、或いは介護福祉教育を知っていただく機会になればという思いから、本誌はスタートいたしました。

皆様から寄せられた様々な疑問の声に、本学介護福祉科の教員が専門家として答え、丁寧に誤解を解いていくことで、介護のイメージを変え、介護の扉が開かれることを期待します。

浦和大学短期大学部介護福祉科
ニュースレター『浦短通信 介護の扉』
編集担当岡田圭祐

資料・願書請求(無料)はこちらから