公開日:

総合福祉学部 長沼 明客員教授が、法律実務誌で「被用者年金制度一元化」について解説

総合福祉学部 長沼 明 客員特任教授が株式会社 日本法令から発行されている労働・社会保険、税務の官庁手続や人事労務の法律実務誌「ビジネスガイド」別冊4月号 年金相談第7号 NO.803で被用者年金制度一元化に関して解説しています。

一元化セミナーで講演する本校の長沼明客員教授

今年の10月から施行される年金制度の改正(被用者年金一元化)について、「平成27年10月施行!必要な知識を身につけよう!『被用者年金一元化』徹底解説」という特集内で、「一元化でココが変わる!」と題して、「実学に勤め」という浦和大学の建学の精神を踏まえ、実務に資する観点から被用者年金制度の一元化の改正趣旨やその経緯、施行後には年金制度がどのようになっていくのかについて論点を整理・解説しています。


資料・願書請求(無料)はこちらから