公開日:

学生も成長しました!公開講座「健康体操教室」が終了しました

2014年12月8日(月)九里メモリアルホール(トレーニングジム)において、「身体いきいき、こころ爽やか!目指せアクティブ・シニア!」と題して行われてきた、公開講座「健康体操教室」(全8回)の最終回が行われました。

DSC01102

いつものように中島悠介助教によるレクリエーションを取り入れたウォーミングアップが行われた後、健康体操教室の効果を測定するために、初回と同じメニューの体力測定が行われました。測定は、総合福祉学部・健康スポーツコースに在籍する学生が今回も担当しました。初回の測定ではなかなかできなかった声がけや、器機の扱いがスムーズになり、長阪裕子特任講師からは「参加者のみなさんのおかげで、学生がとても成長しました。第一回目とは違って、学生がキビキビとした動きができるようになりました。」という参加者への謝辞がありました。

11時15分から行われた修了式では、全講座の3分の2回に参加した受講者に対して修了書が交付され、代表として8回全ての講座に参加した渋谷さんが大内 誠学長から代表で修了書を授与されました。

修了書授与後に大内学長から「健康体操教室は今年度からはじまった本学の新しい取り組みです。先ほど参加者の皆さんとお話しをした中で、年に一度の開講ではなく、複数回の開講をしてほしいという声が多数ありました。地域のみなさんの健康づくりに一役買えるよう、大学としてこのような公開講座の継続・拡大を検討してまいります。今回学んだ知識や技術を生活の中で活用し、健康に留意され今後も末永くご活躍されることを期待しています。」というメッセージがありました。

また、この講座のコーディネーターをつとめた戸村成男教授からは、「半袖でも平気な季節から始まりましたが、すっかり寒い季節になりました。みなさんお元気で何よりです。寒い季節は、日光を浴びながらの運動をおすすめします。日光を浴びることで骨や歯を作るのに必要なビタミンDが体内で生合成されるため運動にとても効果的です。」というアドバイスがありました。

最後に、今回の公開講座の協賛施設である特別養護老人ホーム・スマイルハウス(在宅介護支援センター)施設長・仲矢杏子さんからの「すばらしい笑顔とおつきあいさせていただきました。とても嬉しく思っています。みなさんまだまだこれからもお元気で末長く幸せに暮らしていただかないといけません。浦和大学で行われた今回の講座で学んだ知識を活かして、更なる地域での活躍を期待しています。」という言葉で、修了式は締めくくられました。

式の終了後に、長阪講師から「今回の講座で新たに関わりを持った受講者・学生・教員・職員同士、握手をして講座を終了しましょう。講座はこれで終了ですが、運動は是非継続してください。全8回の公開講座へのご参加ありがとうございました。」とあいさつがあり、握手と感謝で公開講座「健康体操教室」が終了しました。


資料・願書請求(無料)はこちらから