2007年度 福祉海外交流セミナー

2008年2月、14名の総合福祉学部学生とともに10日間にわたって、福祉海外交流セミナーを行いました。このセミナーは、ハワイ州ヒロ市にある九里学園所有の寮に宿泊しながら、高齢者施設、障がい者施設等を訪問し、アメリカ合衆国の福祉事情を体験的に学ぶことを目的としています。

hawai2

福祉海外交流セミナーを行いました。

海外の福祉施設を訪問し、話を聞き、お年寄りや障がいのある人と交流する機会をもつことは、日本の福祉を深く知る上で大変役に立ちます。学生たちは日本の福祉制度や福祉施設との違いに驚きながらも、一方で日本の福祉の意味をもう一度とらえ直す作業をしたことと思います。また帰国後は大学に何度も集まり、報告書の作成に取り組んできました。参加した学生全員が、今回のセミナーの成果を、必ずや今後の浦和大学での福祉の勉強や実習、そして実際に日本の福祉現場で活躍する際の「糧」にしてくれることと思います。


資料・願書請求(無料)はこちらから