活躍する卒業生

活躍する卒業生:コミュニケーションを取るのが、楽しい 長く続けたい仕事だから 福祉に関する様々な資格にもチャレンジしたいです。

ここでは社会で活躍する本学の卒業生からのメッセージ、現在の状況、本学で学んだこんなことが活かされた、等を「生の声」として紹介しています。

総合福祉学部 総合福祉学科 2012年卒 中田晃夫さん特別養護老人ホーム スマイルハウス

仕事をはじめた頃は、利用者さんに話しかけるのにも緊張していましたが、今では利用者さんとコミュニケーションを取るのが一番の楽しみになっています。普段から、利用者さんがご自宅でどんな暮らしをしていたのか、お一人おひとりを思い浮かべながらコミュニケーションを取っていますが、「私の話を聞いて」と声をかけられることもあり、自分が利用者さんにとって話しやすい存在になれたのかなと思うと嬉しいですね。

在学中に「地域福祉」や「相談援助の理論」について学んだことが、高齢者の支援に生きていると実感しています。特に看取りの場面では、介護するだけでなく精神的サポートも必要になってきます。その人の最後の瞬間まで寄り添い、支える中で、自分が必要とされることにとてもやりがいを感じます。この仕事を長く続けていくために、これから様々な資格にチャレンジしていこうと考えています。

職場の先輩からひとこと

「コミュニケーションが上手で、誰に対しても接し方が優しく、温かい雰囲気をもっているので、利用者さんは、彼と会話することで安心できるようです」(松澤)

資料・願書請求(無料)はこちらから