総合福祉学部 田中康雄准教授が東京都世田谷区特別養護老人ホーム施設長会で研修講師を務めました

総合福祉学部

2019年2月12日
  • 2019年2月8日(金)世田谷区梅丘パークホールで開催された、東京都世田谷区特別養護老人ホーム施設長会で、東京都世田谷区高齢福祉部高齢福祉課の依頼を受け、総合福祉学部の田中康雄准教授が講師を務めました。

    研修では、従来型施設の方がユニット型施設より職業性ストレスが有意に高いこと、各施設タイプにより仕事の満足度に有意な影響を及ぼす要因が異なることなどを、120分の時間で説明しました。

    質疑応答では離職と職業性ストレスの関連性などが質問され、田中准教授は離職防止に向けて各施設タイプの特徴を踏まえたストレスマネジメントの重要性をあらためて訴えました。