田中康雄准教授がさいたま市大東公民館からの依頼を受け、地域の高齢者向けに講演を行いました

総合福祉学部

2019年9月25日
  • 2019年9月20日(金)さいたま市大東公民館にて、本学総合福祉学科の田中康雄准教授が「高齢期のストレスマネジメントと地域課題への対処」と題して、講演を行いました。

    講演では、調査結果や事例を交えながら、地域の課題をどのように発見し、どのように対処・解決していくのか、その方法についての説明がありました。また、高齢期のストレスマネジメントについては、高齢期を人生の完成期であり人生最高の精神の成熟期と捉え、日々の生活を主体的に生き、ストレスと向き合い、上手く付き合いながら、幸福な老いであるサクセスフルエイジングを目指していくことの重要性を伝えました。