新学習支援制度

家計基準(主たる家計支持者の収入金額)による学費減免制度

  • 通常 減免額 減免後額
    年間授業料(大学) 70万円 35万円 35万円
    施設設備費(大学) 28万円 14万円 14万円
    入学金・授業料・施設設備費の他に実習演習費、諸経費、諸会費が必要です。詳細は学生募集要項を参照してください。
※1 こども学部(こども学科)・総合福祉学部(総合福祉学科)・短期大学部介護福祉科を対象とした制度です。
※2 次のア又はイの家計基準【主たる家計支持者(学生本人の父母又はこれに代わって家計を支えている者をいう。)の収入金額で、給与所得者は源泉徴収票の支払金額とし、給与所得者以外は確定申告書の所得金額とする。以下同じ。】に該当する学生に対する減免制度です。(要毎年申請) ア 給与所得者 841万円以下 イ 給与所得者以外 355万円以下 ただし、緊急の場合に限り、当年の収入見込額を家計基準の金額とみなすことができます。

家計基準(主たる家計支持者の収入金額)による入学金免除制度

  • ※1 短期大学部介護福祉科を対象とした制度です。
    ※2 免除の基準は上記の「家計基準(主たる家計支持者の収入金額)による学費減免制度」※2と同様です。

遠隔地からの入学者に対する家賃補助制度

  • 月額 年額 合計
    家賃補助(大学) 2.5万円 30万円 120万円
    家賃補助(短大) 2.5万円 30万円 60万円
  • ※1 遠隔地からの入学生を対象とした制度です。補助の基準は上記「家計基準(主たる家計支持者の収入金額)による学費減免制度」※2と同様です。
    ※2 月額2万5千円を12ヶ月、在学年数分補助します。ただし大学は4年間、短大は2年間を上限とします。支給は年2回。
    ※3 減免額には本学が定めた限度額があります。4年制大学は年額98万円、短期大学部は年額88万円です。全額特待との併用の場合は年額の家賃補助額は28万円になります。
More Information

「入学試験成績・入学前の資格取得による特待生」且つ「家計基準(主たる家計支持者の収入金額)による学費減免制度の適用対象」である場合は、減免額が多い方が優先されます。「家計基準(主たる家計支持者の収入金額)による学費減免制度」は毎年の更新が必要なため、その適用の対象とならない年がある可能性があります。その際には、「特待生」としての減免適応期間は原則として大学は4年間なので、「特待生」としての減免を適用することが可能です。

入学試験成績・入学前の資格等取得による特待生制度

  • 特待生区分 年間授業料 減免額 減免後額
    全額特待 70(60)万円 70(60)万円 0円
    半額特待 70(60)万円 35(30)万円 35(30)万円
    1/4額特待 70(60)万円 14.5(15)万円 55.5(45)万円
    入学金・授業料の他に施設設備費、実習演習費、諸経費、諸会費が必要です。詳細は学生募集要項を参照してください。
※1 一般入学・センター試験利用入学試験受験者、及びAO・推薦入試で入学手続を完了した特待生選抜試験の受験者が選抜対象です。
※2 入学後学業成績等が著しく不振の場合には、特典を取り消すことがあります。
※3 家計基準(主たる家計支持者の収入金額)による学費減免制度と特待生制度は重複適用はできません。減免額が多い方が優先されます。(特待生としての減免適用期間は原則として大学は4年間、短期大学部は2年間です。)
◎ 入学試験成績による特待生制度
関係する入試方式 授業料免除額(年額/単位:万円) 条件 対象学部・学科
一般・センター 大学:70/短大:60(全額) 試験の成績が極めて優秀 全学部・学科
大学:35/短大:30(半額) 試験の成績が非常に優秀
AO・推薦 大学:70/短大:60(全額) 試験の成績が極めて優秀
大学:35/短大:30(半額) 試験の成績が非常に優秀
大学:17.5/短大:15(1/4額) 試験の成績が優秀
◎ 入学前の資格等取得による特待生制度
条件 授業料免除額(年額/単位:万円) 関係する入試方式 対象学部・学科
実用英語技能検定2級 大学:70/短大:60(全額) 全ての入試 全学部・学科
実用英語技能検定準2級 大学:35/短大:30(半額)
GTEC(Advanced)スコア960点以上 大学:70/短大:60(全額)
GTEC(Advanced)スコア690〜959点 大学:35/短大:30(半額)
日本漢字能力検定2級 大学:35/短大:30(半額)
日本商工会議所簿記検定1級 大学:70/短大:60(全額)
日本商工会議所簿記検定2級 大学:35/短大:30(半額)
全国商業高等学校協会簿記実務検定1級 大学:35/短大:30(半額)
社会福祉士、保育士、精神保健福祉士、看護師のいずれか 大学:35/短大:30(半額)
介護福祉士 大学:35(半額) 介護福祉科を除く
More Information

「入学試験成績・入学前の資格取得による特待生制度」では、例えば「実用英語技能検定準2級」は「半額減免」ですが、特待生選抜試験で「全額減免」と認定された場合には、減免額が多い「特待生選抜試験」での結果が適用されます。