1 / 912345...最後 »

介護福祉科の取り組み:第26回日本介護福祉学会 で青柳佳子特任教授が発表
2018年9月1・2日(土・日)に大阪府の桃山学院大学で「介護福祉思想を改めて問う」をテーマに行われた第26回日本介護福祉学会で、本学介護福祉科青柳佳子特任教授が、介護用語に関する研究について発表をしました。
介護福祉科の授業風景~「認知症の理解Ⅰ」における認知症予防の取り組み発表~
今後日本では、数十年後には人口の4割が高齢者となり、認知症を患う方が増えていくと予測されています。現状では認知症の発症を完全に防ぐことは難しいとされていますが、生活習慣の改善や、食生活の見直し、定期的な運動を取り入れることや趣味などの活動を行うことで、脳が活性化し認知症の発症や進行を遅らせることができると期待されています。そのため、現在では様々な取り組みが進められています。
介護福祉科の取り組み~中学生の方々に福祉・介護を知ってもらう~
2018年6月30日(土)に浦和実業学園中学校の2年生45名の生徒さんを対象に福祉体験学習が行われました。この体験学習では、高齢者や障害者の生活を支え、介護者の負担を軽減する福祉機器について理解してもらうこと、さらに、さまざまな福祉機器についての説明を聞き、実際に体験しながら福祉機器の特徴を理解してもらえるよう進められました。
介護福祉科で介護保険施設における23日間の実習が行われました
浦和大学短期大学部介護福祉科では、5月9日から6月29日まで、介護保険施設における23日間の実習を行いました。この実習は3回目の実習となりますが、将来介護福祉士になるために必要な「介護過程の展開」を初めて行った実習でした。
介護福祉科の授業紹介:生活支援技術Ⅵ
介護福祉科の生活支援技術Ⅵの授業で、学生が体験した福祉機器について、調べたことを発表しました。
福祉新聞(2018年6月18日発行)に、本学介護福祉科が開催した「介護ロボット・福祉機器展」についての記事が掲載されました
株式会社 福祉新聞社が発行する福祉新聞(2018年6月18日発行)に、本学介護福祉科が開催した「介護ロボット・福祉機器展」についての記事が掲載されました。本学では、介護に従事している方や地域住民の方々を対象に、福祉機器の普及や啓発の一環として、年に1回このような取り組みを開催しております。
介護福祉科で非常勤講師懇談会が開催されました
2018年3月9日(金)非常勤講師懇談会が開催されました。毎年恒例となっている非常勤講師会は、介護福祉科の授業を担当している非常勤講師の先生方と常勤の教員が意見交換を行い、より効果的な学科教育が行われることを目的に開催されるものです。
介護福祉実践研究レポート発表会が開催されました
2018年1月31日(水)本学3号館3210教室において短期大学部介護福祉科「介護福祉実践研究レポート発表会」が開催されました。
第9.5号【topics】国試指導のノウハウを持つ教員による 安心の指導体制
短期大学部介護福祉科が発行する「介護の扉」のアーカイブです。
【Archive】介護の扉 第8号
短期大学部介護福祉科が発行する「介護の扉」のアーカイブです。
第8号【Voices】高齢者の介護だけではなく広い視野で福祉を考える
短期大学部介護福祉科が発行する「介護の扉」のアーカイブです。
第8号【介護福祉科ならこんな事を学べます!】「生活支援技術担当」担当:嶋田美津江
短期大学部介護福祉科が発行する「介護の扉」のアーカイブです。
第8号【column】「浦短人語」
短期大学部介護福祉科が発行する「介護の扉」のアーカイブです。
第8号【News & Topics】福祉体験授業を開催しています
短期大学部介護福祉科が発行する「介護の扉」のアーカイブです。

1 / 912345...最後 »