ニュース一覧

1 / 812345...最後 »

介護福祉科 林雅美講師のコメントが週刊朝日 2018年10月5日増大号に掲載
週刊朝日 2018年10月5日増大号「人生100年時代のメガネ選び 老眼鏡は一生に5度買え!」と題した記事内で介護福祉科 林雅美講師のコメントが掲載されました。
第2回「ミニ緑区」(2018年9月23日(日))開催日・スクールバス運行表
以下の運行時刻は、2018年9月23日(日)のみ。
第2回「ミニ緑区」参加児童保護者の皆様へ
2018年9月23日(日・10:00~15:00)に本学で開催される「第2回ミニ緑区」に参加する児童の保護者の皆様へのお知らせとお子様のご来場方法について掲載しています。
こども学部講義紹介:「日本文化」担当:高野実貴雄
2018年7月23日(月)3限に開講された「日本文化」(担当 こども学部 高野実貴雄 教授)の授業に11代目金原亭馬生師匠がゲストとして来学し、授業を聴講する学生の前で落語を披露していただきました。
介護福祉科の授業風景~特別講義:口腔ケア~
7月3日(火)の生活支援技術Ⅰの授業の中で、埼玉県歯科衛生士協会会長をお招きし「口腔ケア」についてご講義いただきました。
埼玉県立浦和東高等学校と浦和大学との教育連携協定を締結しました
2018年8月7日、埼玉県立浦和東高等学校との教育連携協定の調印式を本学にて行いました。浦和東高等学校の笠原弘康校長と本学の大久保秀子学長が、それぞれ協定書に署名を行い、協定書を取り交わしました。
【映画コラム・#14】ハリウッド俳優たちが提案する”Time is up!”という発想・・・
図書・情報センター長、こども学部教員、岩本裕子(ひろこ)による、映画コラム14回目として、夏休み前に一つ情報をお届けします。
子どもが作るまち「第2回ミニ緑区」1回目のまち会議を開催しました。
2018年7月14日(土)、浦和大学においてミニ緑区のまち会議(1回目)が開催されました。7月~9月まで、5回のまち会議を開催し、どんなまちにしたいかを子どもスタッフのみんなで考えていきます。
子どもが作るまち「第2回ミニ緑区」2018年9月23日(日)浦和大学にて開催
「ミニ緑区」は ドイツのミニ・ミュンヘン子どものまちを参考に、さいたま市緑区を中心とした地域の子どもたちを対象として開催するイベントです。第2回目となる今回は浦和大学にて開催します。
介護福祉科の授業紹介:生活支援技術Ⅵ
介護福祉科の生活支援技術Ⅵの授業で、学生が体験した福祉機器について、調べたことを発表しました。
福祉新聞(2018年6月18日発行)に、本学介護福祉科が開催した「介護ロボット・福祉機器展」についての記事が掲載されました
株式会社 福祉新聞社が発行する福祉新聞(2018年6月18日発行)に、本学介護福祉科が開催した「介護ロボット・福祉機器展」についての記事が掲載されました。本学では、介護に従事している方や地域住民の方々を対象に、福祉機器の普及や啓発の一環として、年に1回このような取り組みを開催しております。
総合福祉学部長沼明客員教授が日本水道協会東北地方支部主催の研修会で講師を務めました
総合福祉学部の長沼明客員教授が、2018年5月31日(木)、宮城県仙台市や秋田県秋田市など東北6県の地方自治体(市・企業団)で構成される日本水道協会東北地方支部主催の研修会(会場:秋田県 秋田キャッスルホテル)に招かれ、研修講師を務めました。
【5月26日(土)開催】第2回 浦和大学 介護ロボット・福祉機器展
最新鋭の福祉機器・介護ロボットを開発販売する企業による、福祉機器の展示説明会を開催します。当日は、「福祉機器の効果を介護現場から検証する」をテーマとした公開講座も開催し、実際に福祉機器・介護ロボットを導入している福祉施設から、その効果についての実践発表も行われます。
2018年度入学式が行われました
2018年4月5日(木)さいたま市南区のさいたま市文化センターの大ホールにおいて浦和大学・浦和大学短期大学部2018年入学式が開催され、3学部151名の新入生を迎えました。

1 / 812345...最後 »