ニュース一覧

ライアソン大学国際インターンシップ生報告(第3回/最終回)
浦和大学が提携を結んでいるカナダ・トロントにあるライアソン大学のコミュニティ・サービス学部こども学科の2名の学生が、5月8日より6月8日まで、ライアソン大学の正規プログラムである「国際インターンシップ」のため短期留学に臨みました。今回はその第3回目の報告レポートです。
WEEKDAY CAMPUS VISITを開催しました。
高校生が大学生と一緒に授業を受ける「WEEKDAY CAMPUS VISIT(ウィークデー・キャンパス・ビジット)」を開催し、東京都立東高校2年生の9名が参加しました。
ライアソン大学国際インターンシップ生報告(第2回)
浦和大学が提携を結んでいるカナダ・トロントにあるライアソン大学のコミュニティ・サービス学部こども学科の2名の学生が、5月8日より6月8日まで、ライアソン大学の正規プログラムである「国際インターンシップ」のため短期留学に臨みました。今回はその第2回目の報告レポートです。
【7月23日(日)開催】浦和大学こども学部学校教育学科 開設記念プロジェクト 第2回・紙芝居ワークショップ「紙芝居 はじめの一歩」
子どもに紙芝居を見せたいときに迷ったことはありませんか?「どうやって演じれば良いの?」「どんな紙芝居を選べばよいの?」という疑問に答えながら、乳幼児から小学生までを対象にした年齢別の紙芝居実演を体感し、その基本を楽しく学ぶワークショップです。
総合福祉学部卒業生による「社会福祉士国家試験 合格体験発表会」を開催しました。
卒業生の酒井勝豊さん(2017年3月卒)をお招きし、今まさに受験勉強に取組む現役生に向けて、合格体験談をお話いただきました。現在は高齢者施設で勤務をしている酒井さんと益子行弘先生(社会福祉士国家試験対策委員長)とのインタビュー形式で発表会が行われました。
入学試験説明会(2018年度学生募集)でNPO法人NEWVERY倉部史記氏が講演
平成29年6月21日(水)本学キャンパスにて、高等学校の先生方を対象とした、公開講演会・入学試験説明会(2018年度学生募集)を開催しました。
浦和実業学園中学校2年生が本学に来校し介護福祉科の最新福祉機器を体験しました
6月17日(土)に本学の併設校である浦和実業学園中学校の2年生39名が本学に来校し、短期大学部介護福祉科の授業を受講しました。
こども学部の講義紹介:「保育教材演習」(担当:細井圭子・五味美奈子)
「保育教材演習」では、保育活動に欠かすことのできない保育教材の意義、ねらいについて知ることと、基本的な保育教材の制作、実演を経験し、保育者としての技能を身につけることを目的にしています。
WEEKDAY CAMPUS VISITが行われました
「WEEKDAY CAMPUS VISIT(WCV)」とは、高校生が大学生と同じ授業に参加できるプログラムです。浦和大学の学生と一緒に授業を受講することで、学びの内容や授業の進め方、大学生、キャンパスの様子などを直接感じてもらうことを目的としています。今回は、東京都立竹台高等学校の2年生33名の生徒の皆さんに参加していただきました。
【募集期間終了】第1回「おもちゃコンテスト」開催のお知らせ
こどもの頃、はじめて手に取ったおもちゃを覚えていますか?あなたがこどもに戻ったら、どんなおもちゃで遊びたいでしょうか?こどもたちの夢が膨らむようなおもちゃや、こどもたちと一緒に遊べるおもちゃを考えてみましょう。
「介護ロボット・ 福祉機器展〜人にやさしい福祉機器の可能性〜」を開催しました。
2017年5月20日(土)、短期大学部介護福祉科(松嵜久実学科長)主催で、「介護ロボット・ 福祉機器展〜人にやさしい福祉機器の可能性〜」を開催しました。政府はロボットを成長戦略のひとつとして位置づけ、後押ししています。中でも期待されているのが介護・福祉・農業分野向けのサービスロボットで、少子高齢化による労働力不足、介護者不足により医療・福祉の現場では、ロボットなど福祉機器を導入する必要性が高まっています。
2017年7月8日(土)開催・公開講座「音楽のレシピ〜楽器の旅を通して〜」
人は声を使って、言葉を話したり、笑ったり、泣いたり、そして歌をうたったりします。歌をうたう時に、人の身体は楽器となり、声楽家と呼ばれる人々はこの楽器をあやつる名人なのです。
ぽっけ講座『簡単 手芸おもちゃを作ろう』が開催されました。
2017年5月18日(木)に「ぽっけ講座」が開催され、9組の親子さんが参加されました。お子さんたちは「ぽっけ」で学生スタッフと一緒に過ごし、講座ではお母さんたちが可愛いパペット人形をつくりました。
学校教育学科開設記念プロジェクト 第1回 学術講演会「教員養成と地域の教育課題」が開催されました。
5月18日(木)、こども学部学校教育学科開設記念プロジェクトの第1回として、学術講演会「教員養成と地域の教育課題」が開催されました。講師には、埼玉における教育の現状と課題についてお話しいただくために、羽生市教育長秋本文子先生と本学客員教授・元埼玉県教育長稲葉義徳先生をお迎えしました。