ニュース一覧

1 / 2212345...最後 »

2017年度 浦和大学こども学部 公開講座「1日大学生」
1日大学生この度、浦和大学こども学部では、地域の小学1・2年生を対象にした下記の講座を開催することといたしました。生き物や数・図形、音楽に触れてそのおもしろさを体験してみましょう。夏休みの自由研究の題材としてもご参考にしていただければと思います。
入学試験説明会(2018年度学生募集)でNPO法人NEWVERY倉部史記氏が講演
平成29年6月21日(水)本学キャンパスにて、高等学校の先生方を対象とした、公開講演会・入学試験説明会(2018年度学生募集)を開催しました。
こども学部の講義紹介:「保育教材演習」(担当:細井圭子・五味美奈子)
「保育教材演習」では、保育活動に欠かすことのできない保育教材の意義、ねらいについて知ることと、基本的な保育教材の制作、実演を経験し、保育者としての技能を身につけることを目的にしています。
WEEKDAY CAMPUS VISITが行われました
「WEEKDAY CAMPUS VISIT(WCV)」とは、高校生が大学生と同じ授業に参加できるプログラムです。浦和大学の学生と一緒に授業を受講することで、学びの内容や授業の進め方、大学生、キャンパスの様子などを直接感じてもらうことを目的としています。今回は、東京都立竹台高等学校の2年生33名の生徒の皆さんに参加していただきました。
ぽっけ講座『簡単 手芸おもちゃを作ろう』が開催されました。
2017年5月18日(木)に「ぽっけ講座」が開催され、9組の親子さんが参加されました。お子さんたちは「ぽっけ」で学生スタッフと一緒に過ごし、講座ではお母さんたちが可愛いパペット人形をつくりました。
学校教育学科開設記念プロジェクト 第1回 学術講演会「教員養成と地域の教育課題」が開催されました。
5月18日(木)、こども学部学校教育学科開設記念プロジェクトの第1回として、学術講演会「教員養成と地域の教育課題」が開催されました。講師には、埼玉における教育の現状と課題についてお話しいただくために、羽生市教育長秋本文子先生と本学客員教授・元埼玉県教育長稲葉義徳先生をお迎えしました。
こども学部の講義紹介:「幼稚園教育実習II」(担当:亘理史子・内田徹・宮崎静香・五味美奈子)
こども学科の4年生が6月前半(2週間)、幼稚園教育実習に臨みます。
ライアソン大学から国際インターンシップ生が来学しています
浦和大学こども学部が学術提携を結んでいるカナダのライアソン大学から、今年も2名の短期留学生が国際インターンシップのために来学しています。
【お申込受付中】WEEKDAY CAMPUS VISIT
WEEKDAY CAMPUS VISIT(ウィークデー・キャンパス・ビジット)」は、学期中の大学キャンパスで高校生が大学生と同じ授業に参加し、入学後と同じ「普段の一日」を体験するプログラムです。
「第9回 さくらまつり」が開催されました!
2017年4月22日(土)、こども学部恒例の「さくらまつり」が開催されました。この「さくらまつり」は2年生が新入生を歓迎する催し物です。毎年「ぽっけ」の親子さんにもご参加頂いています。
出張授業テーマ一覧
浦和大学・浦和大学短期大学部では、高校生の進路実現に向けた取組をサポートします!出張授業テーマ一覧です。
学校教育学科「教職入門」草津研修合宿報告1
今年度からこども学部に新設された学校教育学科がいよいよスタートしました。
【5月20日(土)開催】浦和大学「介護ロボット・ 福祉機器展-人にやさしい福祉機器の可能性-」
最新鋭の福祉機器・ロボットを開発販売する企業による福祉機器の展示、日本の技術力の高さを代表する企業の方による福祉機器・ロボット開発戦略等の特別講演、実際に最新鋭の福祉機器を積極的に導入している福祉施設等による実践発表等を企画しており、福祉機器・ロボットが適切に普及されるよう情報を提供いたします。
【5月18日(木)開催】浦和大学こども学部学校教育学科 開設記念プロジェクト 第1回 学術講演会 教員養成と地域の教育課題
埼玉における教育の現状と課題について教育行政のトップから問題提起を受け、小学校の教員養成を主たる目的とする学校教育学科の開設の意味と、地域教育界から投げかけられている課題に学校教育学科がいかに答えるべきかを学術講演会では考えます。

1 / 2212345...最後 »