公開日:

在学生が書く『うらたんホームカミングセミナー』レポート!

「これからの社会に求められる介護福祉士の専門性」をテーマに

2012年10月7日(日)4号館4302教室において、「これからの社会に求められる介護福祉士の専門性」をテーマに、『うらたんホームカミングセミナー』が、アットホームな雰囲気の中、開催されました。

当日は、子供連れの懐かしいOBや、それほど懐かしくない(笑)卒業したばかりの顔もちらほら、約40名がセミナーに参加しました。

はじめに、本学名誉教授・黒澤貞夫先生による『介護保険改正と新たな介護ニーズ』をテーマにした基調講演が行われました。講演では、近未来の介護福祉士の役割が「熱く・面白く・わかりやすく」説明・紹介されました。

この講演がセミナーの端緒となり、パネルディスカッションにおいても、介護の現場で働いている先生・先輩方からの提言・深~い話・重~いなどをもとに、「介護福祉士に本当に必要なものは何か」についての白熱した議論が交わされました。

セミナー終了後、ある先生が「教員は現場の職員に負けるよなぁ」とボソッと呟いていたのが印象に残りました。本当に熱く、中身の濃い3時間でした。私も卒業したら(できたら?)ぜひ参加したいと思いました。

セミナーに出席していただいた卒業生の皆さん、ありがとうございました。そして運営担当のみなさんお疲れ様でした!

介護福祉科2年学生レポーター


資料・願書請求(無料)はこちらから