8月4日(土)総合福祉学部のオープンキャンパス

8月4日(土)総合福祉学部の模擬授業
総合福祉学部の模擬授業
学部 総合福祉学部
模擬授業1 タイトル 福祉分野の就職事情
内容 福祉分野で働く事を希望しても、一人で働くことはできません。必ずどこかの団体や法人の職員となり、そこで働く事になります。それでは、福祉の分野にはどのような種類の団体や法人あるのでしょうか、またその職員となるためにはどうすればよいのでしょうか。職員として採用になった場合は具体的にどのような仕事をするのかなど、この模擬授業では福祉を取り巻く分野をまでを見渡し、福祉分野の就職事情について近年の事例を参照しながらみなさんの卒業後を考えます。
担当教員 中村泰治先生
模擬授業2 タイトル メディカル・ソーシャル・ワーカーとは?
内容 メディカル・ソーシャル・ワーカーとは、病院で働くソーシャルワーカーのことです。私はこの大学で仕事をする以前は、メディカル・ソーシャル・ワーカーとして働いていました。模擬授業では、患者さんに対してメディカル・ソーシャル・ワーカーがどのように関わるのか事例を紹介しながら、命の大切さを考えます。
担当教員 矢野知彦先生
模擬授業3 タイトル 福祉(健康スポーツ)は未来産業〜福祉の分野で、子ども、障がい者、高齢者の健康支援を体験しよう〜
内容 福祉の現場は、多様で魅力的です。先輩たちの話から「いろいろな福祉の現場」を見てみましょう。もっと、もっと、知りたくなるはずです。
担当教員 植屋悦男先生
告知動画

資料・願書請求(無料)はこちらから