【活躍する卒業生・介護福祉科】
「あなたに会えるのが楽しみ」の言葉に支えられて・・・

榎本晶予さん

榎本さんは現在、川口市にある介護老人施設「みぬま」で介護副主任を務めており、高齢者の介護に従事するとともに、卒業後に取得したケアマネージャーの資格を活かし、ケアプランの作成などにも携わっています。

トークショーでは、入職してから現在までの9年間の仕事内容や介護の現場での経験談、心の支えとなっているできごとなど、様々な話を聞くことができました。

ケアマネージャーの仕事の話では、ケアプランの作成の仕方について質問が寄せられ、そのポイントとして、お世話をする利用者さんの生活歴をよく把握し、ご本人とじっくりお話してプランを立てること、そのうえで各担当の職員たちがどのように支援していくのかを考えることが大切だとおっしゃっていました。
利用者さんにとって自分の家とは異なる施設での生活の中で、ストレスを感じずに過ごしていただくためには、利用者さんの普段の生活習慣をしっかり把握し、できるだけ自分の家の生活に近づけるよう努めているとのことです。

卒業してから9年間も介護の仕事を続けてこられている理由についての質問では、以前に利用者さんからかけられた「あなたに会えるのが楽しみ」という言葉に支えられて頑張ってこれたこと、また人が人を支える介護という仕事に誇りを感じていることも自分を支える力になっていることを伝えてくれました。

また久々に母校に戻ってきた感想として、学校にこれほど多くの種類の介護用の設備や生活用品が揃っているとは思わなかったと驚きの言葉を口にされていました。たとえば車いすや杖などは、障がいの程度や生活環境に合わせた多様な機材があり、実際の介護現場でもここまで種類が揃っているところはあまりないので、在学中にこの様な環境で学べることはとても有意義なことだと思うとおっしゃっていました。

榎本さんには、当日のトークショーのゲストでお招きしたにもかかわらず、模擬授業の足浴体験で、補助スタッフの数が少ないのに気づき、率先してサポートしていただきました。
周りの状況を見て、率先して行動するその姿に、日々のお仕事での活躍ぶりを垣間見ることができました。


資料・願書請求(無料)はこちらから