公開日:

「総合福祉基礎実習」ガイダンスが開催されました

社会福祉施設の役割や機能を体験を通して理解するために

5月15日(火)3限目に3号館2階3210教室で「総合福祉基礎実習」ガイダンスが開催されました。

総合福祉基礎実習は、本学独自の実習で、3年生に実施される相談援助実習のプレ実習として2年生後期の授業として実施されます。15回の学内実習指導と5日間の学外実習から構成されており、実習のマナーを学んだり、社会福祉施設の役割や機能を体験を通して理解することなどが目標です。

ガイダンスでは、宮寺先生から、総合福祉基礎実習の意義や内容についての説明があった後、昨年実習を終えた3年生の先輩( 杉本勇二くん、中野吏紗さん)による実習体験談などがありました。


資料・願書請求(無料)はこちらから