公開日:

介護福祉科で高齢者施設の体験見学授業が行われました

「スマイルハウス」「あさがお」の体験見学

介護福祉科では、1年生を対象とした「介護総合演習I」という授業のなかで、実際に高齢者施設を訪れ、体験・見学をとおして学ぶ授業を行っています。

この演習では、授業と実習の連携をスムーズに行うために、I~IVまでの介護実習の全体像を理解し、実習における「目標の設定」と「課題の整理」をし、次の実習への準備を行うことを目的としています。

高齢者施設の体験見学授業は、例年、大学の関連施設である特別養護老人ホーム「スマイルハウス」と、大学の近隣にあり、日頃から交流の深い老人保健施設「あさがお」で行われます。

事前に授業でオリエンテーションを受けた上で、それぞれの施設に行き、見学をしながら座学では学ぶことのできない知識を身につけます。

学生は、実際に施設で働く介護職の方々や、利用されている方々との交流を通し、8月から始まる初めての実習に向け、イメージを膨らませていきます。



資料・願書請求(無料)はこちらから