特別養護老人ホームの理事長・施設長が来校

「いきいきタウンとだ」で活躍する卒業生

森さん

6月10日、介護福祉科を社会福祉法人ぱるの岡理事長と、同法人が運営する「いきいきタウンとだ」の福本施設長が本学介護福祉科にいらっしゃいました。ご来校の目的は、介護福祉科の卒業生の報告をされることと、今後も「介護に携わる優秀な人材の育成に努めてほしい」との、お願いでした。

以前、福本施設長が介護福祉科を訪問していただいた際に、城学科長は「卒業生が長く安心して働き続けるために、介護福祉士を取り巻く環境の向上・改善を検討してほしい。」とお願いをしました。同施設長は、「介護保険の下で施設は財政的に厳しい状態にありますが、努力いたします」とおはなしされて帰られました。

岡理事長は三年計画で職員の待遇を改善する方針を立てられ、2年目の今年は、新卒者の初任給を引き上げて下さいました。同理事長は、「質の高いサービスを提供にするには、スペシャリストとしての待遇をもって迎える必要がある」とお考えです。

同施設には、この春から、介護福祉科から永堀優君、森茂雄君が就職しました。二人とも、介護福祉士としての仕事に誇りを持ち、「将来はマネージメント面から施設を支える仕事をしたい。」とのことです。

介護福祉科では、入所者さんにより良いサービスを提供し、また職員の待遇改善に熱心な施設とこれからも関係を強めていき、介護福祉科で「学び・学んだ」学生の更なる活躍を応援します!



資料・願書請求(無料)はこちらから