こども学部が「緑区のびのび子育て広場」にボランティア参加

手作りおもちゃコーナーで地域の親子と交流

さいたま市緑区が、地域で暮らす親子のためのイベント「緑区のびのび子育て広場」を11月19日(土)、緑区役所庁舎で開催しました。本学こども学部は毎年、保健センターとの連携により「手作りおもちゃコーナー」を担当させていただき、今年は2年生11名がボランティアとして参加しました。

さいたま市10周年を記念して例年よりも盛大な会となり、雨にもかかわらず昨年よりも参加した親子が多く、400人近くにも達しました。

学生たちは2,3週間前から紙コップを用いたおもちゃ作りやペットボトルを利用した輪投げ遊び、音を楽しむ手作り楽器などを一生懸命に準備しました。プラスティックコップを組み合わせて作ったトンネル型アーチも作り、当日はこどもたちが楽しそうにくぐっていました。当日、子どもたちは見本のサンプルを使った説明を学生たちから聞いて、真剣な眼差しで思い思いの絵を描いたり色を塗っていました。

コーナーの装飾も、こども学部のスタッフが担当し、来場した方々に好評でした。

この「手作りおもちゃコーナー」の他にも緑区のマスコットキャラクターのヌゥと一緒に写真を撮れるコーナーや折り紙、体操、虫歯予防など親子で体験できる様々なコーナーが設けられており、会場は多くの親子で賑わっていました。


資料・願書請求(無料)はこちらから