現実の先にある夢を実現するために~こども学部生の声~

オープンキャンパスで学生が発表した「在学生の声」をご紹介します。

皆さん、こんにちは。私は、こども学部2年の小林友香と申します。今日は高校生の皆さんに、私が高校生だった時にどのようにして進路を決めたかということと、実際の大学生活についてお伝えし、皆さんが進路を選ぶ際に少しでも参考にしていただけるように、一生懸命お話したく思います。

まず、なぜ浦和大学を選んだのか、ということをお話します。

私は、保育士や幼稚園教諭になる夢を小学生の頃から持っていました。そこで、幼稚園教諭の一種免許を取得できる4年制大学をめざすことにしました。私は、新潟県出身です。新潟には四年制の保育系の大学が少なく、なかなか進学したい大学が見つからなかったため、関東の大学に進学することにしました。

ところが、関東には保育の大学がたくさんありすぎて限りがありません。皆さんもそうだと思いますが、最初に、多くの大学から資料をとりよせました。いろいろな大学案内に目を通すことは大切ですが、見すぎると目移りしてしまうと感じて、自分の学力なども参考にしてある程度、絞り込むことにしました。

そうして絞り込んだ中で、浦和大学の資料に一番惹かれました。他の大学には無い親子の広場「ぽっけ」があったからです。保育園・幼稚園を併設している大学は数多くありましたが、大学の校舎内に子どもと関われる施設があるというのは、珍しいと思いました。またこどもだけでなく、親にも接する機会があるということも、想像がつかなかったのですが、珍しいと思いました。

大学見学のために新潟から上京し、先生に面接していただいた時、校風の明るさと先生方の熱心さが伝わりました。アットホームな雰囲気な中で、先生と学生が協力し合って何かが動いているという印象をうけ、信頼できるように感じて、受験を決めました。

次に大学生活についてですが、実際に大学に入ってみると、想像していた以上に学生の意志が尊重されて、とても自由にのびのびと生活できることに驚きました。もちろん、自由といっても自分が決めたことには責任が伴うので、とても重要性を感じます。また、私は大学の近くに部屋を借りて一人暮らしをしています。楽しいことも多い反面、家事全てを自分でしなくてはいけないので、とても大変です。家を離れて、改めて親のありがたみを感じ、家族の大切さを知ることもできました。

授業では、生後三ヶ月くらいから、赤ちゃんの一年間の成長を観察することができる授業「こども理解と観察」とが一番印象深い授業です。一年間の発達がわかるだけでなく、親子の姿にふれることが勉強になりました。

今年はニ年生になり、6月には二週間の保育所実習を行いました。教科書で勉強しているはずなのに、いざ、子どもを目の前にすると、なかなか思った通りに動けず力不足を感じました。実習では、保育士と子どもの関わりだけでなく、保育士の様々な仕事の実際を知ることができました。とても充実した日々を過ごすことができ、保育士になりたいという意欲が高まりました。

子どもの頃から漠然といだいていた夢が、少しずつ現実味をおびてくると苦労や困難も感じるようになりました。でもそれは、以前のような漠然とした不安とは違います。それらに一つ一つ対処して進んでいけば、現実の延長線上に、ちゃんと夢の実現がある、というような、確実さのある不安です。これからもっと勉強して良い保育士になりたいと思っています。

本日は、暑い中、大学に足を運んで頂きありがとうございました。皆さんの進路に少しでも参考にして頂けたら幸いです。ご清聴、ありがとうございました。


資料・願書請求(無料)はこちらから