「オープンキャンパスで、もっと知ろう」こども学部の授業紹介

保育教材演習 担当教員:五十嵐裕子・市川美恵子

「保育教材演習」は、今年の1年生から始まった新しい科目です。

乳幼児にとっての「あそび」の意味を考え、保育現場で行われている手遊びや折り紙などの手技工作、ペープサート、パネルシアターなどの制作を実際に経験します。

写真は、グループで、季節(8月)の壁面制作を行っているところです。砂浜にはスイカ割をしているこどもと海辺の生き物、そして青い海と空が広がっている図案です。

砂浜はクラフト紙、海は絵具とカラーセロファン、太陽は真っ赤なモール、こどもは色画用紙でこどもの洋服は布、海辺の生き物は折り紙・・・とさまざまな素材を工夫して使いました。砂浜や海の生き物は、保育園や幼稚園では子どもたちの作品を利用して飾ることもできます。

8月の真っ赤な太陽と海のまぶしさを味わっていただけるでしょうか。完成した作品はこどもコミュニティセンターの入り口に展示しています。どうぞご覧になってみてください。



資料・願書請求(無料)はこちらから