活躍する卒業生たち

浦和大学総合福祉学部は、2003年4月に大学開学と同時に設立され、豊かな人間性と人々の願いに応える福祉人材の育成に取り組んでいます。また昨今、福祉に関する社会的ニーズが多様化していることから、2009年4月から卒業後の進路を見据え「人間福祉・心理コース」「福祉ビジネスコース」「福祉健康スポーツコース」3つのコースを新設し、福祉のプロの育成を目指していきます。

-福祉の知識を力に社会で活躍する先輩たち-

2007年3月には総合福祉学部の第一期生が卒業し、本学での4年間で学んだ福祉に関する知識・技術を活かすべく社会へ飛び立っていきました。「活躍する卒業生」では、福祉の知識を力に様々な職場で活躍している卒業生を紹介します。その姿を通じて本学での学びと福祉に対する思いを伝えていきたいと思います。

資料・願書請求(無料)はこちらから