在学生インタビュー「充実した施設と豊富なカリキュラムが魅力です」

浦和大学の魅力について、丹羽真弓さんにインタビューしました。浦和大学・浦和大学短期大学部の魅力についてもっと知りたいと思ったら、是非資料請求を!

niwa

この大学へ入学を決めた理由

昔、ボランティアに参加をしたことがきっかけで福祉を学びたいと思いました。浦和大学が運営している「スマイルハウス」で事前実習を行い、その後学外実習へと段階を踏んでいっているところに魅力を感じました。また、心理学にも興味があり同時に学べるため浦和大学を選びました。

どんな事を学んでいますか?

現在、3年次で行う24日間の現場実習に向けて準備をしています。2年次での基礎実習で学んだことや反省を活かし、技術的なことはもちろん、相手の方の心のケアの仕方や、ニーズの解決に向けての支援内容など、外側・内側から援助する方法を学んでいます。

将来の夢はなんですか。

大学に入学する前や入学してからも福祉に携わることをしたい、とだけ思っていたので具体的には考えていませんでした。しかし、授業や実習、ボランティアに参加し、いろいろな方と交流を持ったことによって、自分のやりたいことが明確になりました。将来は、障がいのある方にレクリエーションを通し、人とのコミュニケーションの大切さを心理学も交えて伝えていけたらと思います。

総合福祉学部 総合福祉学科 3年
丹羽真弓さん
所属学部・学年は掲載当時のものです。


資料・願書請求(無料)はこちらから