【総合福祉学科】活躍する卒業生【第1回】 加藤 政幸

【総合福祉学科】活躍する卒業生【第1回】は知的障害者通所更生施設に勤務している加藤政幸さんです。

uu3

幅広い学びが現場での力強い土台になる

知的障害者通所更生施設勤務 加藤 政幸さん(浦和大学総合福祉学部・総合福祉学科 卒業 )

私は社会福祉受験資格取得のために現場実習で知的障害者通所更生施設に行きました。そこで実習を通し知的障がい者福祉の道に興味を持ち、現在はその実習先だった施設で生活支援員として働いています。私の業務内容は主に通所している利用者さんの作業等活動及び日常生活の支援です。

現場での利用者支援において、社会福祉士の勉強をしたことで生活環境や障がい等広範な捉え方が出来るようになったと思います。

その他にも私が現場で支援するに当たり根本となっているものが社会福祉士の勉強を通じて大学で学んだことです。必ずしも相談員だけの資格というわけではなく、資格取得のために広く福祉のことを学ぶので、学んだことが福祉に携わる上で現場に出た際力強い土台になってくれると思います。

資料・願書請求(無料)はこちらから