【OPEN CAMPUS】6月19日(土)メニュー!

今年のオープンキャンパスは「楽しく!そしてしっかり学べる!」そんなイベントをたくさん用意しました!下記イベントの他にも様々なメニューを用意していますので、興味を持たれた方は是非ご参加ください!(オープンキャンパスの参加申し込みは不要です。ご来校の際は無料のスクールバスをご利用ください!)

総合福祉学部のイベント【模擬授業】カウンセリングにおける「聴く」ことの大切さ

人の援助にかかわる人にとっての「聴くこと」の意味を考え、「カウンセリング」の授業で使う、社会福祉士の援助場面での適切な対応について学びます。ものの見え方の特徴について「錯視」などから考え、次にその「考え方」「とらえ方」を見直すということからカウンセリングというものを考えることで「聴くこと」の意味と大切さについて学びます。(担当:森住宜司

こども学部のイベント【模擬授業】「子どもの思いを読み取る:保育の楽しさ」

保育とは、子どもの育ちを援助することです。そして、良い援助をするためには、子どもの思いを読み取ることが大切です。子どもは、小さなしぐさやつぶやき、身体の動きや表情、遊びの中で、私たちにいろいろなメッセージを出してくれています。子どもの思いを読み取る面白さを体験してみましょう。

【ワークショップ】ザ・こども:数の不思議、形の不思議を体験しよう

高校生の皆さん、身の回りには円周率のように循環しないで無限に続く不思議な数や、敷き詰められた幾何学模様の図形の美しさなどに感動することはありませんか。考えることは楽しいことです。また解けたときの喜びは体験しないとわからない魅力です。数の不思議さを体験したり、パズル的なことを考えたり、自分自身で図形を実際に作ってきまりを見付けたり、さあ、数や形の不思議な世界へウエルカム!

介護福祉科のイベント【模擬授業】「50年後の浦短にタイムスリップ」

みなさんは未来を想像したことはありますか?10年後、20年後、30年後...50年後、あなたの目の前に広がる世界は、きっと今とは違ったものになっているはずです。しかし、この変化は、あなた自身の変化によるものかもしれません。そこで、50年後の世界を実際に体験していただき、何が今と違うのか、何が変わったのか、一緒に考えてみようと思います。(担当:岡田圭祐


資料・願書請求(無料)はこちらから