《こども学部》Machiko Jr.一座の活躍「太陽の里まつり」

2009年11月15日(日)小春日和の気持ちの良い日に、埼玉県白岡町にある障害者支援施設、みぬま福祉会 太陽の里で「太陽の里まつり」が行われました。同施設には本学の前身である浦和短期大学の卒業生が生活支援員として活躍しており、こども学部の保育実習〔福祉施設〕でもお世話になっています。浦和大学からも大勢ボランティアで参加しました

mi0

初田教授のクラスには…

中でも目を引いたのは、こども学部1年B組のMachiko Jr.一座の活躍です。本学「しらさぎ祭」での出し物でもあった「学校コント」は、中年?以上の人なら誰も知っている「ドリフ」のノリを思わせるものです。一座の名前は1年B組のアドバイザー、初田真知子教授の名前を冠しています。1年B組真知子先生も当日応援にかけつけました。「学生あるところに教員あり」の浦和大学こども学部です。一座の今後の活躍が楽しみです。


資料・願書請求(無料)はこちらから