《ボランティア活動》リレーフォーライフへ参加しました

本学総合福祉学部と介護福祉科の学生がボランティアスタッフとして、9月12日、13日の2日間に渡って行われた「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2009 インさいたま」に参加しました。リレー・フォー・ライフは、ガン患者支援チャリティーイベントで、チーム単位で参加し、たすきをつなぎながら24時間のリレーウォークを行うもので、本学ではその運営のボランティアとして、前日の会場設営から当日の運営補助、イベント終了後の撤収までをサポートしました。

rire1

ガン撲滅の祈りを込め、たすきをつなぐ24時間のリレーウォーク「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2009 インさいたま」に参加

会場となった、さいたま市緑区の大崎公園は、大学の近隣にあるため、本学からは多くのボランティアスタッフが参加しました。リレー・フォー・ライフのたすきは夜間も休まずリレーされるため、本学は自校のたすきだけでなく、夜間は参加できない一部のチームのたすきも預かり、一緒にリレーしました。特に夜間は、今もガンと闘っている患者(サバイバー)やその家族、支援者のほかガン患者の遺族の方から寄せられたメッセージを書いた灯籠でライトアップされ、その中をガン撲滅の祈りを込めて歩きました。

参加した学生は、ボランティアとして参加してイベント運営を支えるだけでなく、命の尊さを再認識できたイベントとなりました。


資料・願書請求(無料)はこちらから