《イベントレポート》第22回しらさぎ祭を開催しました!

10月17日(土)、18日(日)の2日間、浦和大学・浦和大学短期大学部の学園祭「しらさぎ祭」を開催しました。今回で第22回目となる「しらさぎ祭」は、これまでの学園祭をさらにパワーアップしたステージ上の企画が満載でした。新企画となる女装コンテストやこども学部1年生クラスによるコント、和太鼓演奏などクラブやサークルの垣根を越えた出し物で大盛り上がりの2日間となりました。

sira09_4

美の競演!?「女装コンテスト」

今年の目玉企画の一つが女装コンテスト。学内から選りすぐりのメンバー7名が美を競いあいました。おもしろキャラから本物の女子高生と見間違えるものまで、バラエティーに富んだ内容でした。優勝した学生がステージに登場すると観客からは「チョーかわいい~」と感嘆の声がもれていました。

ステージ上のライブはさらにパワーアップ!!

恒例となった「お笑いライブ」には、昨年から1組増えて、3組の芸人さんを招きました。
午前中はサイクロンZとみっちー。午後は超新塾がメインステージ上でパフォーマンスを繰り広げ、来場者の爆笑を誘っていました。
 また軽音楽サークル、吹奏楽部による演奏、ダンスサークルによるステージに加え、有志によるライブや和太鼓演奏なども行われ、イベントを盛り上げました。有志ライブでは、車いすに乗った学生もメンバーに加わり、自慢の曲を披露しました。

学内の展示もさらに充実

こども学部では、親子のひろば「ぽっけ」を学園祭に合わせて特別に開設したほか、アートスペースでは、子ども向けのおもちゃ・小物の販売や、チャイルドコミュニティクラブでは、ゲーム遊びを行い「ぽっけ」に訪れた親子の笑顔が溢れていました。

このほかにも5号館1階のエントランスでは、Art Homeが障がい者施設とコラボレーションしたアートギャラリーを開設、3号館の1階、2階では茶道部、華道部、写真部などが日頃の活動の成果を発表していました。

“母校へおかえり”ホームカミングデーも同時開催

学園祭の開催に合わせ、今年も卒業生のためのホームカミングデーを開催しました。福祉の現場で活躍するOBも多く、仕事のスケジュールの合間を縫ってたくさんのOB・OGが母校へと訪れてくれました。学生時代の話から現在の仕事の話まで、色々な話題に花が咲いていました。

このほかにも様々な催しがありました。当日の様子はフォトギャラリーでもご紹介していますので、是非ご覧になってみてください。


資料・願書請求(無料)はこちらから