公開日:

2017年度カナダ・スタディツアー体験レポート【2】英語学習

浦和大学こども学部では、学術提携をしているカナダのライアソン大学においてカナダの先進的な家族支援や地域支援を現地で学ぶ、スタディツアーを実施しています。今年度も2月から3月にかけて9人の学生がライアソン大学やトロントにある家族支援の現場を訪問し、学びます。今回は、その準備としての英語学習について報告します。

002

スタディツアーの事前学習では、大使館訪問やカナダの家族支援についての講義での学習以外に、英語の学習も行われます。

英語学習の授業では、日常会話だけでなく、ライアソン大学の学生の前で行うプレゼンテーションの準備と練習も行います。

今年度は9人の学生が2つのグループに分かれて、自分たちで決めたテーマについて内容を考え、パソコンを使って資料を作成します。

今回、学生が選んだテーマは、「お年玉」と「雑巾がけ」です。自分たちで英訳した原稿やスライドは、英語学習の講師を務めてくださっているGeoff Ciotti先生に添削をしていただきました。

発表直前まで、プレゼンテーションの練習を行い発表に備えます。発表の様子は、次回のレポートで報告したいと思います。本日26日月曜日、カナダに出発です。


資料・願書請求(無料)はこちらから