公開日:

2017年度 浦和大学こども学部「卒業研究発表会」が開催されました

2018年2月2日(金・10:00〜12:15)、3号館2階3201教室において、「2017年度 浦和大学 こども学部 卒業研究発表会」が行われました。

IMG_8963

開会にあたり、こども学部学部長・山口教授から「今日の卒業研究発表会が4年生にとっての最後の授業となります。自分の4年間の学習の成果を大きな会場、たくさんの人たちの前で発表することができた、聴いてもらえた、という体験・自信が社会に出て生きていく際の大きな基礎力になります。また、2年生・3年生は卒業研究がどういうものなのかを先輩の卒業研究から学び、自分の卒業研究への刺激と励みにしてください。卒業研究発表会準備運営委員の皆さん、ありがとうございました。また、指導にあたられた先生方、ご指導ご苦労様でした。今日の日を迎えられたことを共に喜びたいと思います。」という挨拶で会がスタートしました。

こども学部学部長・山口教授

卒業研究発表では、各ゼミの代表者が、プレゼンテーション用のスライドを準備したり、制作した作品を示しながら説明するなどそれぞれが工夫を凝らして発表を行いました。発表タイトルは以下の通りです。また会場には、柴田ゼミ、出口ゼミ、船木ゼミ、宮崎ゼミの卒業研究作品も展示されました。

岩本ゼミ
園庭保育に関する一考察:自然体験が子どもの心をはぐくむ
悪役(ヴィランズ)の存在意義と子どもへの影響:ディズニー長編作品を手掛かりに
歴史に翻弄された子ども達:ホロコーストとハンセン病を手掛かりに
瓜巣ゼミ
特別支援教育の現状と課題
わが国における森のようちえんの現状と課題〜自然環境での保育の可能性〜
地震の際の対応と心のケアについて〜保育者が地震から子どもたちを守るための取り組み〜
五味ゼミ
幼児期におけるおもちゃの必要性について
妊娠中〜子育て期における母親の心理的変化
柴田ゼミ
絵本『おおきな木』からわかる「しあわせ」とは何か
子どもと絵本に関する研究 〜読み聞かせを中心に〜
高野ゼミ
布絵本−あおむしたちとあそぼうー
出口ゼミ
ミュージックビデオ「卒業の今まで」の制作
小麦粉粘土を使った製作についてー『はらぺこあおむし』を題材にしてー
船木ゼミ
企画運営の実践における組織づくりについての考察
モザイクアート
宮崎ゼミ
子育てとネットコミュニケーション ー子育てにおけるSNSの有効的活用ー
#日本のカフェブームについて ー老舗の喫茶店からインスタ映えするカフェまでー

卒業発表終了後には、親子のひろば「ぽっけ賞」を筆頭に、クラブ・サークル、オープンキャンパスやライブラリ・サポーターなど大学生活における活動の表彰が行われました。

発表終了後、大久保秀子学長から、4年間の学びの成果を卒業論文ではなく卒業「研究」とした経緯について説明があり、こども学部の教育の理念「こどもと育つ」を再確認しました。「保育・幼児教育系の大学・短期大学はたくさんあるけれども、浦和大学の出身者は他の大学・短大の出身者とは一味違う、と思ってもらえるような活躍をしてください。心からそれを願っています。みなさんの後輩が先輩たちのようになりたいと思えるような大学作りのために、今後も手を貸してください。」と挨拶がありました。

最後に、学友会会長を務めた、内堀 皓仁さんから「友人と一緒に論文執筆や制作活動を行い、先生方からの励ましの言葉やアドバイスに助けられながら苦悩を乗り越え卒業研究を終えることができました。今日この日を迎えることができたのは、諸先生方のお力添えや、切磋琢磨しあった友人の存在があってこそだと思います。論文や卒業制作は決して一人では完成させることはできません。4年間指導してくださった先生方、友人達、こども学部の2・3年生、そして今日この会場にいるみなさんありがとうございました。」と謝辞の言葉をもって閉会となりました。


資料・願書請求(無料)はこちらから