公開日:

総合福祉学部で総合福祉基礎実習報告会が行われました

2018年1月16日(火・9:00〜)に3号間3階の3303教室、3304教室、実習指導室の3室で、総合福祉基礎実習報告会が行われました。

DSC01133

総合福祉基礎実習は、社会福祉士を目指す学生が初めて社会福祉現場を体験する実習です。今年度は、高齢者施設2日間と障害者支援施設2日間の計4日間実習を行い、15名が無事実習を終了しました。

この実習の対象は総合福祉学部の2年生で、3年次に実施される相談援助実習のプレ実習として2年次後期の授業として実施されている、本学独自の実習です。実習のマナーを学んだり、社会福祉施設の役割や機能を体験を通して理解することを目標としています。

4日間の実習で学んだことや、相談援助実習への課題等をまとめて各自から報告があり、それに対して担当教員から今後の課題などの指導がありました。


資料・願書請求(無料)はこちらから