公開日:

【読売新聞(埼玉版・29面)2017/11/10】中島悠介先生が「選手も裏方も熱く 第3回さいたま国際マラソン」でボランティアの声として紹介

「実際に人を支える経験をして欲しい」と、第1回大会から総合福祉学部の学生に対してボランティアへの参加を推奨し、これまでに70名がボランティアとしてしている、と本学の活動が紹介され、3年後の2020年東京五輪・パラリンピックで、「さいたま国際マラソンのノウハウを、五輪にも生かしてもらえれば」とコメントしています。


資料・願書請求(無料)はこちらから