公開日:

ライアソン大学国際インターンシップ生報告(第2回)

浦和大学が提携を結んでいるカナダ・トロントにあるライアソン大学のコミュニティ・サービス学部こども学科の2名の学生が、5月8日より6月8日まで、ライアソン大学の正規プログラムである「国際インターンシップ」のため短期留学に臨みました。今回はその第2回目の報告レポートです。

0

5月15日から5月26日の間の8日間、千葉県市川市にある「風の谷こども園」で、日本の認定こども園の制度や地域の子育て支援センター・病後児保育・一時保育の役割などについて学び、実際の保育活動を行いました。

日本語でこどもたちと挨拶や簡単な会話を交わし、またこどもたちは知っている英単語や英語の歌を二人に投げかけ、楽しく関わることができました。

最終日の前日には、職員の方々の前で、カナダと日本の保育の違いについてプレゼンテーションを行う機会をいただき、職員の方々からも様々な質問が出されました。そして最終日、風の谷こども園のこどもたちから素敵なプレゼントをいただき、とても感激すると共に、短くも楽しい日々の別れを惜しみました。

5月30日と31日には、江東区子ども家庭支援センター南砂みずべと、港北区地域子育て支援拠点どろっぷ、おやこの広場びーのびーのを訪問し、地域の子育て・家族支援について学びました。これらの施設はカナダの家族支援から多くを学んでおり、2人はその共通点や日本ならではのプログラムに大変興味を示していました。また、施設を訪れているお母さんやこどもたちと楽しく交流していました。

次回は、浦和大学内にある親子のひろば「ぽっけ」での実習の様子などを報告します。


資料・願書請求(無料)はこちらから