【7/11 OPEN CAMPUS】イベントレポート!

2009年7月11日(土)に開催されたオープンキャンパスのレポートです。

0726kdm1

今年のオープンキャンパスは何かが違う!?

とくに今年は、何度もオープンキャンパスに足を運んでくれている高校生が多くみられるようで、すでに顔馴染みとなった先生や先輩たちと一緒に楽しくイベントに参加しているようでした。

総合福祉学部

在校生の先輩から学ぶ…、卒業生の先輩から学ぶ…、模擬授業で学ぶ…、盛りだくさんのオープンキャンパス!!

7月11日に開催した総合福祉学部のオープンキャンパスは、7月、8月開催限定のトークショーを行いました。

トークショーは在校生と卒業生の2部構成で、在校生トークショーでは、「充実した福祉実習」をテーマに、2人の4年生の在校生が自分の行った実習について話しました。実習を通じて築いた利用者さんとの交流などのエピソードのほか、事前実習や実習中のサポートなど色々な話を聞くことができました。

また卒業生のトークショーでは、今年の4月に障がい者施設へ就職した野村勇作さんを招き、福祉現場で働くスタッフとしての“生の声”を聞きました。重度の障がいをもった方への対応や仕事をするうえでの心構えなどを交えながら、障がい者施設での仕事について分かりやすくお話いただき、オープンキャンパスに参加した高校生の方たちが野村さんのお話に熱心に聞き入る様子が見受けられました。

トークショーの後に行われた模擬授業も2本立てとなっており、鈴木先生の授業では福祉に関する様々な仕事について、また磯辺先生は「自分を探そう・自分って何?」をテーマに福祉の専門職について考えるという模擬授業が行われました。

今回のオープンキャンパスは、在校生の話、卒業生の話、模擬授業を通じて福祉に関する仕事について理解を深めていただけた一日となったようでした。

こども学部

期末試験が終了し、一息ついた時期に夏休み前のオープンキャンパスを実施しました。

今回の模擬授業は、「発達心理学の世界~人間発達のふしぎを探る~」をテーマに“視線”を手がかりにお互いの気持ちを知るという行為を何気なく繰り返し、そこで、“視線”をキーワードにして人の心の発達の不思議について考えてみました。少し難しそうなテーマでしたが、終わってみれば納得の授業でした。

ワークショップでは、音楽室において、様々な楽器を使って「楽器で遊ぼう」のプログラムを体験していただきました。日ごろお目にかかれない楽器を使っての演奏は、興味をそそる愉快な内容でした。もう一度演奏してみたいという皆さんの顔が浮かんで見えます。

AO入試対策講座は、2回目の実施で、本年度は大きく変わります。特に「体験学習型」AO入試では、こども関連の模擬授業やビデオ視聴などを通して「こどもを学ぶ」ことの面白さを発見していただきました。また、「レポート提出型」AO入試では、こどもに関するひとつのテーマをじっくり取り組むことで、同じく「こどもと学ぶ」ことの面白さを発見してもらったと思います。いずれの入試も教員が丁寧に指導しますので、心配はいりません。どちらの入試があなたに適しているのか、ぜひ、AO入試対策講座に参加してあなたに合ったAO入試を見つけてください。喜んでアドバイスさせていただきます。

最後に、先生と話そうコーナー(個別相談)では、入試のこと、学生生活のことなどなんでも受け付けます。こども学部の教員があなたの悩み、相談を個別に丁寧に対応させていただきます。ご希望の方は、是非この機会に個別相談を受けてください。お待ちしております。


資料・願書請求(無料)はこちらから