公開日:

12月17日開催 公開講座「地域の介護力を高める福祉機器」

この度、地域の方々、介護の将来に関心を持つ方々に向けて、地域の介護力を高める可能性を秘める、最新の福祉機器を紹介し、体験していただく機会を設けることにいたしました。

私たちは高齢になり、障害を持っても安心して生活できる社会を作りたいと願っています。近年、地域の介護力が問われています。また、様々な企業が福祉機器や見守りシステムの開発をリードし、素晴らしい福祉機器を世界中に送り出しています。独居や認知症の高齢者の方の見守りシステムや、寝たきりの人々のための排泄介助ロボット等、普及を進めたいものが多くあります。これらの福祉機器の普及で介護のあり方を大きく変える可能性があります。

これまで介護福祉科では、地域貢献活動の一環として、認知症サポーター養成講座の開催、公開講座「新たな介護の可能性」の開催など幅広く取り組んでまいりました。また、社会のニーズにいちはやく応える教育をして、昨年(平成27年)文部科学省が公募した「私立大学等教育研究活性化設備整備事業」に「介護教育のためのロボット等の整備」で申請し採択されました。今年も多くの最新鋭の福祉機器を購入して教育に生かしています。

松嵜久実(浦和大学短期大学部介護福祉科・学科長)

開催概要

開催日 12月17日(土)
開催時間 13:00〜15:00(受付12:30〜)
会場 浦和大学 3号館1階 介護実習室
参加費 無料
定員 60名 ※応募者多数の場合は抽選
申込方法 下記の申し込み用紙に必要事項をご記入の上、12月16日(金)までに、上記の番号宛にFAXを送信して下さい。また、大学のホームページからも申込が可能です。※郵送不可
お申込先
お問い合せ先
浦和大学 福祉教育センター(担当教員:青柳/林)
〒336-0974 さいたま市緑区大崎3551番地
電話番号:048-878-6000 
FAX番号:048-878-3558

プログラム及び福祉機器プレゼン企業

12:30 受付開始
13:00 開会の挨拶
13:05 徘徊者位置確認システム,(株)介護用品愛ショップ
13:15 独居者見守りシステム,情報化支援サービス(株)
13:25 排泄介助ロボット,アドロールス(株)
13:35 パロ(メンタルコミットロボット),大和ハウス工業(株)
13:45 ロボットアシストウォーカー,RT.ワークス(株)
13:55 足こぎ車いす,(株)TESS
14:05 休憩
14:20 企業別ブースによる福祉機器説明・体験
14:50 閉会の挨拶
15:10 本学介護福祉科施設見学、福祉機器体験(希望者のみ)

お申し込みはこちらから


資料・願書請求(無料)はこちらから