公開日:

総合福祉学部で相談援助専門実習報告会が開催されました

総合福祉学部総合福祉学科では、4年次の前期(4月~7月)に相談援助職としての総合的な問題対処能力を習得することを目的として、「相談援助専門実習」(以下、専門実習)を実施しております。3年次の相談援助実習での経験を踏まえ、より実践的にステップアップできる、本学独自の実習科目です。

AH1T9390

高齢者施設や医療機関等で実習指導者の指導の下、利用者や地域への支援を展開したり、他職種や関係機関との連携を実践的に学びます。

今年度は2名の学生が専門実習にチャレンジし、本日の報告会に臨みました。

報告会では、実習生それぞれの取組課題に対する達成状況や今後の課題等について発表があり、総合福祉学科の教員との質疑応答が行われました。

実習指導者の皆様には各実習施設におきまして、本学実習生にご指導を頂き、皆様のおかげをもちましてこのような報告会を開催できましたことに誠に感謝いたします。

実習生の皆様もお疲れ様でした!


資料・願書請求(無料)はこちらから