【オープンキャンパス】7月11日(土)イベントメニュー!

6月20日(土)はオープンキャンパスでした。5月に引き続き、今回も予測していた人数を大きく超えた参加者に来ていただきました。

0620kodomo

大教室はすぐにギッシリ埋まってしまい、参加者さんたちを迎える私たちも慌てて配布資料を増刷し、なんとかイベント開始に間に合った。。。といった感じで、この時代にいかに「福祉」が求められているのかを実感できた日となりました。

高校生の皆さんはもうすぐ夏休み――。この様子ですと、次回は本学で一番大きな教室を用意するこになるかもしれませんね。今後のオープンキャンパスでも、浦和大学・浦和大学短期大学部を体験的に知っていただける内容のイベントを用意しています。皆さん、是非一度おいでください!!

7月11日(土)『総合福祉学部』 イベント紹介

  • 【タイトル】「おもしろくてヤメラレナイヨ!福祉の仕事 ~私の場合~」
  • 【担当者】鈴木みな子先生
  • 【内容】総合福祉学部を卒業後、どのようにして「一人前の相談員」になっていくのでしょう?私がこれまでに経験した沢山の人生との出会いや失敗談など交えながら福祉の仕事について考えてみましょう。
  • 【タイトル】「自分を探そう・自分って何? ~他人が見る自分、自分が思う自分、自分も知らない自分~」
  • 【担当者】磯部幸子先生
  • 【内容】自分が何者ということは皆さんにとって興味と関心の強いことだと思います。また社会福祉専門職にとってとても自分自身を見つめてみることは基本的な課題です。この模擬授業では、自分を考えるときの方法の一つとして、人が抱く印象について学んでみましょう。
  • 【卒業生トークライブ】野村勇作くん(2009年3月卒業。太陽の里勤務)
  • この卒業生トークライブでは、現在、様々な分野で活躍している浦和大学の卒業生に来ていただき、話を聞きます。野村くんは現在、知的障害者の施設で働いています。3年生の時に実習した施設で、その後もアルバイトを続け、そのまま同じ法人に採用されました。浦和大学でどんなことを学び、それが今の仕事にどう生かされているのか、ありのままを語ってもらいます。

資料・願書請求(無料)はこちらから