埼玉県と大学リカレント協定書を締結

埼玉県は12月25日、団塊世代や高齢者の地域活動支援を強化するため、浦和大学をはじめとする県内四大学と授業科目を開放する大学リカレント協定を結びました。

img_007

この協定は55歳以上の埼玉県民が学生とともに学ぶことによって、社会活動への意欲を高めてもらおうというもので、全国に先駆けての取り組みです。

本学では、この協定に先立つ11、12月に『「こどもと育つ」~子育て・孫育て支援のために~』をテーマにした4日間8講義のリカレント教育(別項参照)が行われており、今回の協定締結は、この授業を追認する形で行われました。

今回の協定に基づく大学リカレント授業は「社会福祉法制論」と「障害者心理学」の2科目で、1科目1万円です。募集要項については2月以降に発表される予定です。


資料・願書請求(無料)はこちらから