公開日:

2016年度 浦和大学 こども学部 公開講座「カナダの家族支援〜これまでとこれから〜」

浦和大学とライアソン大学の提携以来、10年にわたり、両大学の交流にご協力下さった楯先生が、一時帰国されたのを機に、両国の保育・幼児教育の制度や、その背景にある家族の状況、政治・社会の相違などの基本的内容の講義と、ファミリーサポートプログラムの実際にプログラム作りから構成する、ユニークなワークショップを企画しました。

0012

楯先生はカナダ・オンタリオ州で実際にファミリーサポートに従事する経験をお持ちになり、さらにライアソン大学を卒業されて、9月からはトロント大学の大学院に進学される予定です。

7月に実施予定の国際セミナーにつながる内容となっています。

第1回 5月21日(土)

オンタリオ州におけるファミリーサポートプログラムについて

カナダといえば家族支援がしっかりとした実践の歴史を有する国です。特にオンタリオ州では熱心な取組がなされています。この講義では、カナダの家族の現状や特色、Caregiverを含む乳幼児の保育・教育の現状、家族支援のプログラムの実際、保育・幼児教育の法制度などを、日本との比較においてわかりやすく講義していただきます。

第2回 6月18日(土)

プログラム作成の実際

いくつかの家族を事例として、実際にどのようなプログラムが作れるか、参加者がグループワークでプランづくりに取り組みます。これまで経験のある方もない方も、プラン作成に参加していただき、終了後は楯先生からの助言や課題などをうかがって、カナダの家族支援の考え方やプログラムの実際を深く理解していきます。

日時 第1回 2016年5月21日(土)13:30 ~ 16:30
第2回 2016年6月18日(土)13:30 ~ 16:30
講師 楯 佳恵 氏(ライアソン大学 Bachelor of Arts in Early Childhood Studies / Certificate in Family Support Program, RECE )
定員 30名(先着順)
対象者 18歳以上の方
参加費 無料
場所 浦和大学
申込方法 電話またはFAXで [講座名][郵便番号][住所][氏名][ふりがな][電話番号][FAX番号][Eメールアドレス]をこどもコミュニティセンター( 電話:048-878-3746 FAX:048-878-3944)までお申し込みください。なお、結果は全員にご連絡します。
申込・問合せ先 浦和大学 こどもコミュニティセンター
〒336-0974
さいたま市緑区大崎3551
電話:048-878-3746
FAX:048-878-3944
メール:kodomo@urawa.ac.jp

お申し込みはこちらから

資料・願書請求(無料)はこちらから