公開日:

浦和大学短期大学部・非常勤講師懇談会が開催されました

2016年3月11日(金)非常勤講師懇談会が開催されました。毎年恒例となっている非常勤講師会は、介護福祉科の授業を担当している非常勤講師の先生方と常勤の教員が意見交換を行い、より効果的な学科教育が行われることを目的に開催されるものです。

IMG_9543

全大会に続き行われた分科会では、学生の学習意欲を高める工夫というテーマのもと、それぞれ活発に意見交換が行われました。また、非常勤講師会では、教員が一堂に会する機会を利用して、学科としての研修活動の一環として、教育に関わる勉強会も開催し、教育力の向上に努めています。

本年度は、本学教員の青柳から文部科学省「教育の質的転換」事業に採択されたことを受け、新たに導入された最新の福祉機器と、こうした福祉機器を活用した授業に期待されること、問題点などについて報告されました。

つづけて学科長の松嵜、本学教員の平澤から、エッセンシャルスタディにおけるレーポートに対するルーブリック(rubric)評価の実践報告がありました。

どちらも次年度の教育に向けた新たな試みであり、教育実践上の課題でもあります。こうした課題を教員同士が共有し、一丸となって介護福祉教育に取り組んでいくことが確認できた機会ともなりました。

真剣な中にも終始和やかな雰囲気で会は進み閉会となりました。今後も介護福祉科では、さらなる教育力の向上を目指し取り組んでまいります。


資料・願書請求(無料)はこちらから