第5号【News & Topics】「平成27年度全国教職員研修会」が開催されました。

短期大学部介護福祉科が発行する「介護の扉」のアーカイブです。

uu2

2015年11月18日(水)から20日(金)まで、介護福祉士養成校の全国組織である、公益社団法人日本介護福祉士養成施設協会が主催する「平成27年度全国教職員研修会」が東京で開催され、今年度は「時代の求める介護福祉士像を問い直す~介護福祉教育の未来を問う~」というテーマのもと実施されました。

研修会初日には、本学の名誉教授・黒澤貞夫氏を座長に「介護教育の質を問う」と題されたシンポジウムが行われました。

2日目は10の分科会に分かれ、それぞれ異なるテーマで研修会が行われ、本学からは平澤泰子教授が「介護福祉士の医療的ケアの養成を問う~現場で求められる医療的ケアの実践を手掛かりに~」、岡田圭祐講師が「障がい者ケアが求める介護福祉士の支援力」と題された分科会で発題しました。それぞれの分科会で活発な意見交換が行われ、本学の岡田講師を発起人とする、新たな研究会も立ち上がりました。

今回の研修会は、転換期を迎えた介護福祉士養成教育並びに制度を考え直す良い契機となりました。

資料・願書請求(無料)はこちらから