第3号【News & Topics】生命保険協会介護福祉士 養成奨学金が授与されました

短期大学部介護福祉科が発行する「介護の扉」のアーカイブです。

uu2

毎年、生命保険協会介護福祉士養成奨学金制度に、学科内の成績優秀者を推薦し、奨学金をいただいています。今年度は2年生の林夏穂さんが受けることになりました。この制度は全国の生命保険協会が、それぞれの地域(54協会)ごとに行っている制度で、平成元年から実施されており、介護福祉士を目指して学ぶ200名の学生が毎年この奨学金を受けています。1年間、定額の奨学金が給付され返済義務はありません。

平成27年7月18日に生命保険協会埼玉県協会主催で、奨学金授与式が行われました。さいたま新都心駅近くのホテルブリランテで行われた式には、埼玉県内の5つの養成校より、奨学金を受ける学生5名と指導教員5名が参加し、主催者である埼玉県協会次席会・会長:河田誠様より励ましの祝辞をいただきました。その後、楽しい会食の席で、参加者は交流歓談し、有意義な授与式となりました。本学科の林さんも、介護福祉科での学びを生かして社会で活躍するスピーチをし、参加者から祝福の言葉をいただきました。

学科では、今年、この生命保険協会の奨学金以外に、ニヤクコーポレーションからも、1名が奨学金を受けました。この奨学金は、全国で10名程度が受けることのできるものです。

学科では、社会に評価される教育活動を続け、学生達の学習環境におけるサポートに取り組んで参ります。

資料・願書請求(無料)はこちらから