WEEKDAY CAMPUS VISIT在学生インタビュー#1

WEEKDAY CAMPUSVISIT(ウィークデー・キャンパス・ビジット)」は、学期中の大学キャンパスで高校生が大学生と同じ授業に参加し、入学後と同じ「普段の一日」を体験するプログラムです。昨年行われたWCVに参加した新入生3名に、浦和大学の印象や、参加して良かったこと、感想などを教えてもらいました。

wcv3

オープンキャンパスWEEKDAY CAMPUS VISITでリアルな体験が出来ます!

総合福祉学部総合福祉学科・井口夏希さん

私は将来、福祉に関する仕事がしたいと思い、浦和大学を第一希望で考えていました。WEEKDAY CAMPUS VISITでは、浦和大学の普段の様子をみることができ、とても良い機会でした。

それと、私服で大学の授業に参加することは、とても新鮮な気持ちでした。参加した後、高校での授業を受ける意識も高まり、浦和大学を第一希望で考えるという気持ちも高まりました。

大学の90分間という授業時間もそれほど気にならなかったですし、リラックスして一日を過ごすことができたと思います。自分が入学を考えている大学で、すべてに満足した上で入学することは、なかなか難しいと思います。

WEEKDAY CAMPUS VISITでは、良くも悪くも、その大学の様子が分かります。浦和大学で学んでいる学生さんたちは、授業中と休み時間で、とてもメリハリがあって、刺激を受けました。

休日に行われているオープンキャンパスへの参加と、平日の授業を体験できるWEEKDAY CAMPUS VISITの参加をあわせれば、大学のことをよりリアルに体験できると思います。


資料・願書請求(無料)はこちらから